プロフィール

Author:ワカ
生息地:横須賀
行動パターン:天気が良く、暖かい日にタンデムで出没することが多い 暑さ寒さに弱い
~~~~~~~~~~~~~
画像をクリックすると拡大して見ることができます

QRコード

QR

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

きまぐれ日記
10/2 みたび丸山林道の朝
昨夕は何とか富士が見えていたが曇り空でずっと太陽が見えず

今朝に期待したがもっと酷く富士山が見えない
D7C_1419-0522.jpg
目の前を雲が流れその隙間からその先は朝焼けの模様
D7C_1445-0539.jpg
一瞬でも隙間から富士山が見えないかと頑張るが見えたのは朝焼け後
残念
D7C_1456-0545.jpg
最後は残念でしたが初めての櫛形山(丸山林道)と富士を楽しむことができました

後日 人に聞いた話では本栖湖ではすごい朝焼けだったようです
10/1 櫛形山トレッキングコース
櫛形山登山口にある駐車場入り口にあるトレッキングコースを歩いてみる
車イスでも行けるというなだらかな道で北岳展望台まで行けるという
D7C_1235.jpg
行きも帰りも30分
その中間に南アルプスの左から聖 赤石 悪沢岳の眺望
D7C_1238.jpg
ほどなく北岳展望デッキに
D7C_1324.jpg

D7C_1249.jpg
千頭星山の右に八ヶ岳
D7C_1255.jpg
正面に北岳
D7C_1264.jpg
頂上直下の岩場が険しい
D7C_1271.jpg
アサヨ峰の右に甲斐駒ケ岳
D7C_1273.jpg
その右に鳳凰三山
D7C_1276.jpg
目を凝らしてみると地蔵岳のオベリスクが見える
D7C_1279.jpg
若い時に登った山ばかり
懐かしい
10/1 再び丸山林道の朝
未明に目が覚めると富士に雲が掛かっていたが満天の星空
D7C_1088-0030.jpg
街明かりに照らされ流れる雲が寒さを忘れさせる
D7C_1093-0034.jpg

D7C_1100-0040.jpg
3:51
雲が少なくなる
D7C_1110-0351.jpg
結局ピーカンに
D7C_1112-0456.jpg
朝日を浴びると急に暖かくなりホッとする
D7C_1206-0550.jpg
多分下界では富士は見えないのだろう
D7D_9704-0051.jpg
もう一日頑張ってみよう
9/30 丸山林道の夕暮れ
夕方の丸山林道での富士
D7C_0952-1552.jpg
丁度夕日がフジアザミに当たっていた
D7C_0955-1553.jpg

D7C_0958-1554.jpg

D7C_0959-1554.jpg
そして少し夕焼けに
D7C_0978-1714.jpg
今まで気づかなかったが子持ちのように富士の前の山が竜ヶ岳
D7C_0984-1716.jpg
右の山並みが雨ヶ岳や毛無山など馴染みの山々
D7C_1075.jpg
朝は混んでいたが夕方は誰もいないので遠慮なく夕暮れを楽しんだ
9/30 櫛形山登山
昼間は丸山林道の終点の非難小屋のある駐車場に停めて櫛形山登山
登山といっても1時間くらいで頂上に行けるらしい
非難小屋の脇にある鹿の食害からサラシナショウマを保護するための防護柵に
入る
D7C_0885sarasimasyouma.jpg
林の中ではトリカブトの花
D7C_0817.jpg

D7C_0820.jpg
10分ほど登ると稜線に出て富士が見える
D7C_0823.jpg
そこからクネクネ道の急登
D7C_0829.jpg
少し疲れたころ少し開けたところに
北岳を始めとした南アルプスの眺望
D7C_0834.jpg
右端にかろうじて見える甲斐駒ケ岳
D7C_0836.jpg
森の中にはきのこが沢山
D7C_0847.jpg

D7C_0868.jpg
中が見事な中空になって倒れた木
D7C_0850.jpg
平らな登山道になるともうじき頂上
D7C_0862_20171105164904527.jpg
1時間のところ1時間半ほどかかったが櫛形山頂上に
D7C_0856.jpg
森林に覆われていて木々のすきまからやっと見えた富士
D7C_0859.jpg
軽い運動には丁度良い感じでした