プロフィール

Author:ワカ
生息地:横須賀
行動パターン:天気が良く、暖かい日にタンデムで出没することが多い 暑さ寒さに弱い
~~~~~~~~~~~~~
画像をクリックすると拡大して見ることができます

QRコード

QR

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

きまぐれ日記
8/29 立石
今日は立石の駐車場がジャストのポイント
混雑がイヤで乗り気があまりしないが予報はまずますだったのでギリギリに行く
着くと何やらロケ隊
よりによってこんな日に

予想通りに三脚の列
知り合いのご好意で一番の場所にセット
立石1
頂上かと思いたいが厚い雲に沈むところ
立石2
今日も撃沈
すっかり慣れた
立石3
折角なので長期露光
台風の影響で時々堤防を越える波が駐車場に
立石4
8/29 オオキンカメムシ
今年は見られないかな~と思っていた水辺公園のオオキンカメムシ
間もなく飛び立つであろう成虫になっていました
オオキンカメムシ01
アブラギリの実が栄養源
オオキンカメムシ02
普段は葉の裏にいることが多いが
オオキンカメムシ03
たまには表に出ている
オオキンカメムシ04
近づくと逃げ始め
オオキンカメムシ05
ささやかな抵抗
オオキンカメムシ06
スーッと裏に逃げるのが上手
その時に見える脇腹のショッピングピンクが鮮やか
オオキンカメムシ07
落ちていた抜け殻
オオキンカメムシ08
成虫より幼虫の方が綺麗だが今年は見られないと思っていただけに満足
段々少なくなっているような気がするが一応来年も期待が持てました
8/29 水辺公園
木陰に入ると湿気が少ないのでホッとする水辺公園
サルスベリ
ユリが風でユラユラ
ユリ
樹液を求めて大体何かいる木
頭隠して…
お尻だけでは分からないが多分クワガタ
クワガタ
マダラヒカゲ
マダラヒカゲ
飛んできて泣き始める
セミ
イチモンジセセリ
イチモンジセセリ
寄ってきたカメラ目線?のシオカラトンボ(メス)
シオカラトンボ
ギョギョ!!
久しぶりに見たタマムシ
タマムシ
緑色の金属光沢が綺麗
タマムシ
ヘクソカズラの花
ヘソカズラ
カラスウリの咲いた後の花
少し残っているがチャンとヒゲを収納
カラスウリの花跡
ネムノキの実
メムノキの実
沢山成ったエゴノキの実
D1C_1466.jpg
エゴノキの猫足からは既に虫が出たあと
エゴノキの実
ハギ
ハギ
暑いけれど少しずつ秋の気配
8/28 定点で撃沈
今日は定点でもダイヤモンドのポイントになっている
上空は良く晴れていても富士山は見えず
夕陽もモヤモヤ
D1C_1352-1750.jpg
辺りは草ボウボウで蚊に警戒
唯一クズの花が救い
D1C_1359.jpg
ダイヤ時間に逆転を期待したが残念
D1C_1362-1759.jpg
夕焼けも無残
D1C_1371-1804.jpg
撃沈が続く
8/25 高円坊
ダイヤモンドがダメでも360度見渡せるので焼けたら…
なーんて淡い期待で高円坊に
D1C_1303.jpg
辺りは収穫されず甘酸っぱい香り
D1C_1305.jpg
太陽は早めに雲に隠れてまたもや撃沈
D1C_1321.jpg
富士山の頂上がずっと見えていただけに残念
D1C_1331.jpg
焼ける雲もなくモノクロの世界に
D1C_1334.jpg
パラボラアンテナ越しのダイヤモンド富士は今年も撮れませんでした
それにしても昼間ピーカンでも夕方までもたない天気ばかり
8/20 花火-6 浦賀
三浦半島での最後の花火大会は浦賀みなと祭花火大会
浦賀花火01 浦賀花火02

浦賀花火03

浦賀花火04 浦賀花火05

浦賀花火06

浦賀花火07 浦賀花火08

浦賀花火09

浦賀花火10 浦賀花火11

浦賀花火12

浦賀花火13 浦賀花火14

浦賀花火15

浦賀花火16 浦賀花火17
19:30~20:00
約500発
肌寒い天気でしたがブユの歓迎を受けました
8/18 カラスウリの花
ダイヤモンド富士に撃沈した帰りの里山
真っ暗な道路脇で咲いていたカラスウリの花
カラスウリの花1
風に煽られて右に左に
それでもヒゲを広げたままなのは立派
カラスウリの花2

8/16 夕焼け
今日のポイントの小網代に行こうと思ってバイクに乗ったのだが太陽が厚い雲に遮られて出る雰囲気なし
今日は自宅待機
ところが30分前に太陽が出てきたがもう間に合わないので定点に走る
ダイヤ時間に太陽の下に雲
富士山も見えず
D1C_1133.jpg
雲を通りすぎてもまた出てきたので夕焼けを期待
D1C_1135.jpg

D1C_1144.jpg
まあまあの夕焼けになりました
D1C_1159.jpg
8/15 ヒマワリ
花の都公園のヒマワリが満開
D1C_1095.jpg

D1C_1097.jpg
百日草も綺麗に咲いていました
D1C_1070.jpg

D1C_1081.jpg

8/15 パール富士-北富士演習場
富士吉田の道の駅で車中泊するもエアコンをかけながら寝ている車が多く端の方に行ってもうるさい
1時過ぎに起きて北富士演習場に行く
普段は日曜日のみが開放日だが今月は11~15が連続立入日
入った途端に鹿とぶつかりそうになったが車は少ない
富士山が良く見えないので富士山を正面に見る直線道路で待機
遠くの車のライト
D1C_0908-0221.jpg
モヤがあるようで登山道のライトが見えたり消えたり
D1C_0944-0317.jpg

D1C_0929-0304.jpg
お月さんも出たり隠れたりで決して良くはない
D1C_0939-0313.jpg
それでも少しずつ良くなるのでパールの地点に進む
突然の穴ぼこにバンパーや床をガリガリ
D1C_0953-0327.jpg
やっとたどり着いたパールのポイント
既に先着車が2台
D1C_0960-0401.jpg
少しずつ明るくなり稜線もクッキリ
D1C_0978-0435.jpg
富士山も段々赤くなって
P1K0280-0440.jpg
4:44
あと少しでクレータ+赤富士と思っていたら霧が出てきて月も富士山も消滅
パール富士の時間4:51まであと7分頑張って欲しかった
D1C_1002-0444.jpg
05;07
霧が晴れてきた時に既に月はない
気温は17度
心も寒い
D1C_1020-0507.jpg
少しモヤっぽいが赤富士だけは見られた
D1C_1025-0509.jpg

D1C_1032-0511.jpg
帰るころはすっかり青空
さっきの霧は何だったのだろう
D1C_1051-0613.jpg
一年に一度か二度しかない赤富士+パール富士はあえなく撃沈
来年に期待しよう
8/14 新倉富士浅間神社夜景
高台から夜景を見ながら夕涼み
ということで新倉富士浅間神社の展望台に登る
D1C_0820.jpg
曇りがちで頂上が見えたのは僅か
D1C_0848.jpg
期待通りの夜景
D1C_0868.jpg
富士急ハイランドの高飛車はどこだろう
D1C_0839.jpg
眼下に富士急行下吉田駅と中央自動車道
D1C_0885.jpg
散発的に花火や盆踊りの音
D1C_0901.jpg
上り始めた月
この月が明日の朝は北富士演習場でパールになって欲しい
D1C_0872.jpg
涼しい風が吹き上げるかと勝手に期待したが蒸し暑かった


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
8/14 明見湖のはす
朝から富士山が霞んで良く見えなく暑い富士吉田ではなかなか涼しい所を捜すのは大変
夕方になって訪れた明見湖(あすみこ)
午前中なら開いている花でしょうが午後でも楽しめました
D1C_0765.jpg

D1C_0784.jpg

D1C_0788.jpg

D1C_0789.jpg

D1C_0792.jpg

D1C_0796.jpg

D1C_0800.jpg
富士八湖の一つだそうです
池の周りを一周できる遊歩道
釣りやカニ獲りで遊ぶ姿も見られました


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
8/14 北富士演習場下見
明日早朝のパール富士の場所を特定するため北富士演習場を下見する
まずは富士山に向かって伸びる道
D1C_0731.jpg
すぐ隣の少し盛り上がった丘から
D1C_0732.jpg
さすが
沢山
D1C_0735.jpg
ナデシコ
D1C_0749.jpg
キアゲハ
D1C_0756.jpg
山中湖を見渡せる高台から
D1C_0758.jpg
突然大きな溝に入ってバンパーや床がガリー
注意していても何回かどうしようもなくガリガリ
エアロバンパーやサイドシルが余計条件を悪くしているようだ
それにしても新車でくる所ではないようです
8/14 パール富士-平野
朝霧高原では富士山剣ヶ峰から上り始めた月
その月が反対側の山中湖平野では沈む月に
D1C_0653.jpg
上空にある間は時々雲に隠れて心配
D1C_0657.jpg
富士山も霧に包まれないかと心配
D1C_0660.jpg
4:20
パール富士
D1C_0664.jpg
14.0の月
D1C_0665.jpg
4:21
あっという間に沈む月
D1C_0675.jpg
富士登山道の明かりが点々
D1C_0682.jpg

D1C_0684.jpg
余韻をいつまでも残していました
D1C_0685.jpg



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
8/13 パール富士-朝霧高原
朝霧高原の牧草地で夕焼けを待つ
D1C_0554.jpg
霧か雲かで太陽も富士山も見えず
D1C_0555.jpg
待っている間ずっと葉の裏で休む蝶
D1C_0560.jpg
初めて見るカタツムリ(ウスカワマイマイ)
D1C_0558.jpg
結局焼けそうもなかったので道の駅「朝霧高原」の展望台で見えない富士山を待っていたら時々ウッスラ
そして後ろの西の方が焼けてきた
D1C_0568-1853.jpg
富士山のシルエットが出てきたので慌てて三脚を準備
D1C_0576-1908.jpg
19:08
出てきた~
D1C_0579-1908.jpg
19:10
計算がピッタリあって剣ヶ峰パール
D1C_0600-1910.jpg
このあとすぐ月も富士山も消えたので運が良かった


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
8/13 陣馬の滝(2)
人穴の後に田貫湖のキャンプ場でコーヒーを沸かして朝食
涼しいかと思ったが朝から風もなくジトー
富士山も白っぽく長居は無用
D1C_0484-0734.jpg

結局また我が家の避暑地に
D1C_0489-0805.jpg
川を渡って対岸に
D1C_0491-0821.jpg
見られるのを我慢すれば最高の場所
D1C_0494-1136.jpg
川に飲み物を入れて冷やす
D1C_0495-1217.jpg
昼間でも23~4度
木漏れ陽が暖かい
真夏なのに贅沢
D1C_0496-1230.jpg
今日も沢山の人出
D1C_0498-1340.jpg
私のいる所まで来る人は少なくノンビリ昼寝
D1C_0536.jpg
すぐそばのワサビ畑
D1C_0506.jpg
何故かここの水が美味しいのでしょうか集まる蝶
D1C_0508.jpg
トンボの産卵
D1C_0520.jpg
自然一杯の中での避暑
最高の贅沢を味わいました
8/13 ダイヤモンド富士-人穴(2)
朝霧高原道の駅の日の出
夏場の車中泊は初
夜中に車外に出ると涼しいのだが車の中は暑く寝苦しい
前席ガラスに付けた自作網戸の効果はそこそこあるものの
風が抜けずバックドアを開けるとスースー
夏対策としてもう一工夫必要

夜中は富士山に雲がかかって見えていなかったが朝になって何とか見える
D1C_0432-0530.jpg
昨日と同じ人穴まで来ると雲もない
少し場所を変えて今日も剣ヶ峰狙い
D1C_0435-0612.jpg
6:27
今日二度目の日の出
狙っていた場所とは数メートルずれたが剣ヶ峰のダイヤモンド富士をゲット
カメラA
D1C_0452-0627.jpg
カメラB(カメラAの10m左)
P1590893-0627.jpg

D1C_04771.jpg
この季節のダイヤモンド富士は雲や霧であまり期待していなかったのでニコニコ


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
8/12 パール富士-富士ヶ嶺
うっすら富士山
入道雲が元気
電線が邪魔
D1C_0314.jpg
計算ではもっと左に行きたいが開けた所がないので諦める
D1C_0322.jpg
待機していたらドンドン湧いて頂上まで覆う入道雲
D1C_0336.jpg
ヤバイ!!
と思っていたら段々薄くなってきた
D1C_0339.jpg
18:30
何とかパール時間に間にあった
D1C_0340.jpg
18:33
D1C_0345-1833.jpg
18:38 日没時間
入れ替わるように富士山から月
やはり中心から150メートルほど右寄りだった
D1C_0361-1838.jpg
18:39
パール富士
D1C_0373-1839.jpg
18:41
D1C_0406-1841.jpg
剣ヶ峰の上に
D1C_0412-1843.jpg
少し夕焼け
D1C_0423-1857.jpg
この時期のパール富士は期待半分だっただけに来た甲斐がありました


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
8/12 陣馬の滝
ダイヤやパール富士撮影を兼ねて富士山周辺で避暑
朝夕は忙しいが昼間は至って暇
近くの涼しいところで思いついたのが陣馬の滝

誰もいない早朝の滝
D1C_0229.jpg
水量が多い
足を入れると冷たい水にジンジン
頭がジーン
かき氷を食べた感触に似ている
5秒もたず川を渡るのも大変
D1C_0227.jpg
朝散歩
湧水からの川
D1C_0267.jpg

D1C_0257.jpg

D1C_0264.jpg
静かな散歩道
D1C_0247.jpg

D1C_0244.jpg
風通しが良さげなイエ
D1C_0295.jpg
森林浴と
D1C_0310.jpg
滝から流れてくるマイナスイオンを浴びてノンビリ
D1C_0285.jpg
昼間になると川遊びで混雑
D1C_0309.jpg
入れ替わりに沢山の人が訪れてウルサイこともあるが
一日中涼しく
時折流れてくる冷気にゾクッ!
一枚セーターを羽織ってウトウト
最高の場所

これからはここを我が家の避暑地に決定
8/12 ダイヤモンド富士-人穴
暑い日が続き満月も近づいたのでしばらく避暑を兼ねて富士周辺に行く

夜中に出て渋滞にあわず2時間45分で富士山の反対側の人穴へ
仮眠したのち今日のダイヤモンドの場所に
富士山は全く見えず
三脚も見えず
この季節のダイヤモンド富士は無理かなと弱気に
D1C_0131.jpg
何となく富士山の影
D1C_0132.jpg
頂上らしきシルエットが見えてきたので慌てて三脚を取り出す
D1C_0134.jpg
剣ヶ峰も見え始める
D1C_0139.jpg
待望の稜線も現れて
二重富士に
D1C_0156.jpg
これって日輪?
D1C_0171.jpg
剣ヶ峰左からダイヤ出現
D1C_0177.jpg
雲が多かったので太陽は崩れると思っていたがバッチリのダイヤモンド富士
D1C_0182.jpg
でも右から雲が流れて
D1C_0194.jpg
あっという間に富士山が隠れ元の景色に
D1C_0203.jpg
慣れないD7000なのに色々なことが起きてアタフタ


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )