プロフィール

Author:ワカ
生息地:横須賀
行動パターン:天気が良く、暖かい日にタンデムで出没することが多い 暑さ寒さに弱い
~~~~~~~~~~~~~
画像をクリックすると拡大して見ることができます

QRコード

QR

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

きまぐれ日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/29 ミカン狩り
今年も恒例の津久井観光農園でのミカン狩りに
P1120694.jpg
天気も良くミカン狩り日和
食べ放題
P1120695.jpg
甘いミカンを捜すうちにお腹いっぱいに
P1120696.jpg
スポンサーサイト
10/28 夕焼け
富士山から帰って来てもライブで富士山が見えていたので凝りもせず定点に
D1C_4225-1649.jpg
富士山の近くでこんな夕焼けを期待していたのに
D1C_4230-1650.jpg

10/27 ダイヤモンド富士(山中湖)2
山中湖の第二駐車場から少し北に行った所が今日のポイント
いつもなら車を砂浜に降ろしての撮影だが今日は遊歩道から
ダイヤ時刻直前に流木が流れて邪魔をする
D1C_4127-1550.jpg
16:04
何とか目立たない様に流れてくれてのダイヤ
DSC_9878-1604.jpg
沈む寸前には水切りのように太陽が点々と反射
D1C_4189-1604.jpg
遠征最後の日にピーカンのダイヤモンド富士をやっとゲットできました
10/27 山中湖の朝
今まで10月末とは思えない暖かさだったが朝方になって寒くって早く目が覚めた
目覚めついでにパノラマ台から夜景を撮る
町の明かりが雲に映りこむ
D1C_3984-0451.jpg
雲が段々上がってきていやな感じ
D1C_4005-0541.jpg
朝日が登る前が一番冷え込み0度
DSC_9856-0556.jpg
朝日が当たり赤富士に
D1C_4015-0557.jpg

P1640079-0600.jpg
下に降りても雲の中に入りそう
D1C_4039-0608.jpg
車も凍っているので日が当たるのを待つ
DSC_9858-0615.jpg

D1C_4055-0716.jpg
- - - - - - - -
地元の人に聞いて平野台から富士岬平に登ってみる
D1C_4068-0819.jpg
なかなかの絶景
D1C_4070-0820_20111102233723.jpg

D1C_4065-0819.jpg
昨日の登山で筋肉痛であまり動きたくなかったが雲一つない天気につられて登ってしまった
10/26 ダイヤモンド富士(山中湖)
ノロノロ車にイライラしながら本栖湖から山中湖きららまで55分で到着
さてきらら第二駐車場脇に行くと凄いことに
D1C_3878-1548.jpg
昨日までの調子でどこでも場所があるわいと思ったらとんでもない
観光バスが3台も
D1C_3946s.jpg
時間もなかったので取り敢えず三脚を立てる
D1C_3907-1602.jpg
16:04
4日目にしてやっとダイヤモンド富士をゲット
しかも通りがかった船が丁度ど真ん中に
DSC_9840-1604.jpg
木道が邪魔だったが増水した今年らしくっていいかも…と勝手に納得
D1C_3919-1605.jpg
日没後は富士山に雲が掛かり始めてが
D1C_3954-1635.jpg
平野の方が焼けてきた
D1C_3955-1637.jpg

D1C_3958-1643.jpg
そしてパノラマ台からのブルーモーメント
D1C_3972-1744.jpg
朝霧高原~竜ヶ岳登山~山中湖と慌ただしかったが何とかダイヤモンド富士をゲットできて一安心
10/26 竜ヶ岳登山
朝霧高原から夕方の山中湖まで特に用事もないので富士五湖巡りでもして帰ろう
取り敢えず本栖湖に行く
頂上が見えてきたが雲が厚い
D1C_3793-0910.jpg
そういえば対岸にはどこか竜ヶ岳に登る道がありそうなのでいつか登る時のために調査しよう
キャンプ場入口まで行くと松林の中に広い竜ヶ岳登山者用駐車場とある
D1C_3796-0930.jpg
キャンプ場の中には竜ヶ岳登山口への案内板が各所に
キャンプ場の人と話をして正月のことなど聞いたので目的は達成したが2時間で登れるとのこと
丁度観光バスで登山者の集団が来たので後ろをついていくことに
D1C_3798-0952.jpg
10:06
キャンプ場を抜けると登山口に
ここから登山道らしい登りに
D1C_3800-1006.jpg
休み休み登ったら35分ほどしてベンチのあるピークに出る
振り返ると本栖湖
D1C_3811-1050.jpg
木の間から富士山
大分雲が少なくなってきた
D1C_3812-1051.jpg
タップリ休憩し少し下ってまた登り
D1C_3815-1052.jpg
風がないので暑い
眼下に芝桜で有名な本栖湖リゾートが見え始める
今年は満足に咲かなかったためか全面にシートを敷いている
D1C_3821-1114.jpg

D1C_3827-1124.jpg
45分経ってやっと東屋のある展望台に着く(あとで分かったが右の建物の中が石仏)
竜ヶ岳は眼の上
先に行った団体さんはもう頂上に着いたようだ
D1C_3833-1138.jpg
登ればドンドンと景色が良くなる
D1C_3836-1149.jpg
度々お世話になる道の駅朝霧高原やその先に広がる牧草地も見え始める
D1C_3843-1219.jpg
やっと着いた頂上
登山口から2時間半
頂上にはまだ団体さんがいた
D1C_3848-1238.jpg
なだらかな頂上のため周りの笹で下が見えず期待程の眺望はない
登る途中の方が富士山の眺望は良い
D1C_3862-1310.jpg
1時過ぎまで昼食をノンビリとっていてふと気づく
4時の山中湖のダイヤに間に合うだろうか
登山口まで1時間半 駐車場まで15分 本栖湖から山中湖まで1時間?(ヤマカン)
段々景色がよくなったのに足元しか見られず慌てておりる
D1C_3874-1333.jpg
急いだので何とか2時45分に駐車場に着く
でもダイヤ時間まで残り1時間20分 余裕はない
10/26 朝霧高原
新月一日前ということで細い月が撮れるかと思い夜明け前の道の駅朝霧高原から
東海自然歩道に入り迂回ルートを
歩道の曲がり具合からポイントを捜す
風を避けて待機するが富士山は見えず
一瞬剣ヶ峰が見えたが
D1C_3690-0558.jpg
すぐ雲に隠れる
D1C_3691-0611.jpg
時間が過ぎて撤退している最中に頂上が見えたが月はなし
やはり新月の前日は無理のようです
D1C_3703-0618.jpg
道の駅に戻り今度はダイヤを待つ
D1C_3707-0631.jpg
ダイヤ時間になると厚い雲
D1C_3708-0703.jpg

D1C_3713-0704.jpg
少しピカーとなったが
DSC_9816-0706.jpg
まるで月を撮っているような感じ
D1C_3745-0706.jpg
影だけがクッキリしていました
残念!!
D1C_3780-0714.jpg

10/25 紅葉ライトアップ
山中湖きららのグランド前で待機するが太陽も富士山も見えず
D1C_3650-1605.jpg
ダイヤ時間を過ぎても富士山は出てこず
D1C_3654-1629.jpg
焼けもせず
完敗
D1C_3655-1641.jpg
- - - - - - -
明日の朝は朝霧の予定なので旭日丘を通っているとライトアップの準備中
D1C_3660-1709.jpg

D1C_3675-1722.jpg

D1C_3680-1725.jpg

D1C_3687-1731.jpg

D1C_3688-1734.jpg
山中湖「夕焼けの渚・紅葉まつり」は10月28日(金)~11月13日(日)だが
テスト点灯ということで部分点灯
しかも紅葉にはまだ早い
27日には帰る予定なので少し見られてラッキーでした
10/25 平野散策
増水した山中湖の平野地区を散策
まずは旧東電寮の駐車場にできた富士第七湖
D1C_3583.jpg
逆さ富士の名所になっています
D1C_3590.jpg
前は木の所まで海岸があったがすっかりなくなった東電寮前
D1C_3594.jpg
左の木は土手に植えられていた物
倒れた木の向こうまで歩いて行けた
大きな砂浜が完全になくなってしまった
D1C_3605.jpg
左が山中湖
右が車道
その間の土手がなければ湖を車が走ることに
D1C_3611.jpg
道路の真ん中から湧きだす水
D1C_3619.jpg
溢れて歩く所がなくなっている
D1C_3614.jpg
転覆した船が今でも放置されたまま
D1C_3621.jpg
店の中までの浸水がYouTubeで流れていた
D1C_3622.jpg
みさきはどうも水の中のようなので回ってみる
D1C_3625.jpg

D1C_3628.jpg
キャンプ場は水浸し
D1C_3631.jpg
その先のテニスコートも消滅
D1C_3632.jpg
呆然と湖を見ているアオサギ
D1C_3633.jpg
ここにも湖ができていた
D1C_3643.jpg
台風15号から1か月以上経っているのになかなか水が引かず
ダイヤモンド富士の撮影場所も少なくなっていました
10/25 笠雲
夜明け前のまだ暗いパノラマ台
富士山が見えていたので夜景を
D1C_3446.jpg
山中湖畔に霧
雲がドンドン上がって今日も富士山が隠れそうなので今のうちに撮影
D1C_3451.jpg
頂上に雲が掛かり始め
D1C_3459.jpg
ひょっとして笠雲?
D1C_3463.jpg

D1C_3473.jpg
富士山の方ばかり気に取られていたら後ろの方が凄いことに
D1C_3478.jpg
この調子で雲と富士山が焼けろ!!
D1C_3484.jpg
笠雲に色がついたら
D1C_3489.jpg
富士山にも色が
D1C_3505.jpg
そして三段笠に
D1C_3522.jpg

D1C_3525.jpg
初の焼ける富士山の笠雲を楽しみました
D1C_3537.jpg

D1C_3570.jpg

10/24 東電寮前海岸
山中湖交流プラザきららのグランド脇を流れる川沿いに下ると旧東電寮前の海岸に出る。
今まではそこから何百メートルも湖畔沿いに進む事が出来たが今は10メートルも進めば終わり
狭い海岸なので混雑するかと思いきや旧東電寮の駐車場にできた池でダブルダイヤ狙いのためガラガラ

場所獲り以前に富士山も太陽も見えず
どうも時間が来たから待機
何か良く分からないが太陽が欠けてきたようだ
DSC_9768-1605.jpg
富士山の近くまで来て三浦半島から見るようなダイヤを見ようとは
ガクッ
D1C_3401-1606.jpg
それでも
16:07
一瞬のピカッ!
DSC_9797-1607.jpg
16:14
いつものように既に遅しの富士山
D1C_3445-1614.jpg

10/24 二十曲峠
朝早く道の駅「富士吉田」で見えていた富士山が山中湖に向かっている途中霧に包まれる
高台に登らないと富士山は見られないがどこに行こうか
ふと思いついたのが二十曲峠
まだ行ったことがないが忍野村内野地区の先っというイメージ
ナビで捜すがそのような表示はない
取り敢えずクネクネ道に目的地設定
花の都や忍野は濃霧
内野の先に行くと二十曲峠の標識
舗装されているが対向車が来ないよう祈る道
峠の駐車場には水場やトイレもあって泊まり込みの車が沢山いた
D1C_3332-1150.jpg
最初富士山は見られなかったが序々に晴れ間も
そして眼下に忍野の雲海
D1C_3233-0643.jpg

D1C_3252-0651.jpg
トイレの先にも駐車場があったが今はロープが張られて車は入れず
こちらでも富士山が見られる
D1C_3290-0757.jpg

紅葉が始まったばかりなので赤黄緑がミックス
D1C_3285-0750.jpg
峠の先は通行止めだが歩いて行ける
紅葉狩りを楽しむ
D1C_3318.jpg
夜露が葉の先に
D1C_3299-0830.jpg

D1C_3301-0831.jpg
二十曲峠から杓子山に行く登山道を少し行くと眼下に忍野村を見下ろせる場所に
生憎雲で富士山は見えなくなったが絶景
D1C_3328.jpg
二十曲峠から反対側に登ると石割山に行く登山道もあり
富士山が見える日に登ってみたいものだ
10/23 北富士演習場
長池親水公園で休んでいると富士山の頂上が見え晴れ間も
D1C_3088.jpg
ならばと今日のダイヤのポイントの北富士演習場に入りまずはススキを楽しむ
D1C_3089.jpg

D1C_3094.jpg

D1C_3100.jpg
正面にホテルマウント富士を見るまゆみ道
D1C_3104.jpg
背丈を超えるススキを見下ろす所が少ない
D1C_3113.jpg

D1C_3114.jpg
三角点近くに構えてダイヤを待つが雲に敢え無く撃沈
D1C_3118.jpg
引き上げる途中に富士山が見え始め
D1C_3189-1642.jpg
とうとう富士山に掛かる雲が消滅
D1C_3197-1647.jpg
雨の後だったので砂ぼこりの洗礼を浴びることはなかったのがせめてもの
10/23 山中湖散策
夜中に降っている雨も明日は上がりそう
ならば雨上がりの朝焼けの富士山でも…と勝手に期待して富士山周辺にGO!
朝パノラマ台に着いて見ると雨の影響か車中泊の車は1台もなし
雲が取れないかと眺めていても7時前にやっと富士山が見え始めたがベッタリ貼り着いた雲が邪魔
D1C_3010-0649.jpg
もちろん朝焼けは見られず
濡れた溶岩に朝日が当たって赤富士…これもダメ
D1C_3015-0722.jpg
富士山は期待できそうもないので湖畔を散策
増水で砂浜がなくなり
D1C_3038-0852.jpg
白鳥の餌場もなく元気なさそう
D1C_3025-0828.jpg
カバも水に入る時のザブーンを止めてシズシズ
D1C_3031-0836_20111028193528.jpg
まだ早いが旭日丘湖畔緑地公園の紅葉を捜す
D1C_3042-0903.jpg

D1C_3045-0904.jpg

D1C_3046-0905.jpg
- - - - - -
今まで素通りしていた山中湖文学の森公園にも入ってみる
D1C_3079-1103.jpg

D1C_3076-1100.jpg

D1C_3058-1008.jpg
松の根もとに生えているのでマツタケ?
香りが全然なし
D1C_3061-1020.jpg

D1C_3065-1031.jpg

D1C_3067-1040.jpg

D1C_3069-1042.jpg

D1C_3071-1043.jpg
無数のヤマボウシの実
D1C_3084-1124.jpg
上を見上げると
D1C_3083-1124.jpg
紅葉には少し早いが自然一杯の散策を楽しみました
10/19 季節外れ
いつもは8月に咲いているテッポウユリがまた咲いている
D1C_3005.jpg
いままでこの季節に咲いたことがなかったのでビックリ
桜が咲いているところがあったりで季節が変なのかも
10/16 夕焼け
富士山が見えていたので定点へ
D1C_2975.jpg
今の季節は蚊もいなく温度も丁度良い
D1C_2976.jpg
ノンビリ待っていると焼けてきた
D1C_2992.jpg
焼ける雲が少ないのが残念
D1C_2995.jpg
武山の向こうに行った方が良かったようだ
D1C_2997.jpg

10/13 エビカの浜
5時に起きて月が見えなければまた寝るつもりだったが
生憎昨日と同じ様な赤い月が出ている
この調子だと途中で消えるな!と思いつつ
今日のパールのポイントのエビカの浜に向かう
浜に着いて見ると月も富士山も見えず
D1C_2944.jpg
主は元気なようです(独り言なので気にしないで下さい)
D1C_2943.jpg
浜は誰もいません
D1C_2947.jpg
東の方が焼けていそうなので坂を上ってみたがそれほど焼けず
しかも太陽も出ず
D1C_2951-0556.jpg
一応パール時間の6時21分まで頑張ったが変わらず
D1C_2956-0623.jpg
帰る途中の三浦の畑
綺麗に並んだ大根
D1C_2959-0701.jpg
もう太くなり始めた大根もあって三浦らしい景色になっていました
D1C_2969.jpg

10/12 赤い満月
17:30
家の近くから見た上る満月
フィルターがかかっているように赤い月
P1630018.jpg

10/12 秋谷漁港
山中湖から孵る途中に立石の駐車場で仮眠し隣の秋谷漁港でパール富士を待つ
富士山は見えずお月さんは赤く時々雲に隠れていた
D1C_2927-0514.jpg
5:18
パール時間の9分前にお月さんが消滅
D1C_2928-0518.jpg
あまり期待していなかったが見られないとなると一応ガッカリ
10/11 夜の山中湖
帰る途中に寄った山中湖
増水しているとは聞いていたが木道も水の中へ
車が2台水に浸かったまま
砂浜にあったボート乗り場が撤退して道路脇に
これからダイヤモンドシーズンなのに撮影できる場所が相当なくなっている
D1C_2879.jpg

D1C_2884.jpg

D1C_2891.jpg

D1C_2898.jpg

D1C_2897.jpg
月の光に照らされて静か過ぎる鏡のような湖面が死んだようで不気味


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。