FC2ブログ
プロフィール

Author:ワカ
生息地:横須賀
行動パターン:天気が良く、暖かい日にタンデムで出没することが多い 暑さ寒さに弱い
~~~~~~~~~~~~~
画像をクリックすると拡大して見ることができます

QRコード

QR

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

きまぐれ日記
10/26 ダイヤモンド富士(山中湖)
ノロノロ車にイライラしながら本栖湖から山中湖きららまで55分で到着
さてきらら第二駐車場脇に行くと凄いことに
D1C_3878-1548.jpg
昨日までの調子でどこでも場所があるわいと思ったらとんでもない
観光バスが3台も
D1C_3946s.jpg
時間もなかったので取り敢えず三脚を立てる
D1C_3907-1602.jpg
16:04
4日目にしてやっとダイヤモンド富士をゲット
しかも通りがかった船が丁度ど真ん中に
DSC_9840-1604.jpg
木道が邪魔だったが増水した今年らしくっていいかも…と勝手に納得
D1C_3919-1605.jpg
日没後は富士山に雲が掛かり始めてが
D1C_3954-1635.jpg
平野の方が焼けてきた
D1C_3955-1637.jpg

D1C_3958-1643.jpg
そしてパノラマ台からのブルーモーメント
D1C_3972-1744.jpg
朝霧高原~竜ヶ岳登山~山中湖と慌ただしかったが何とかダイヤモンド富士をゲットできて一安心
10/26 竜ヶ岳登山
朝霧高原から夕方の山中湖まで特に用事もないので富士五湖巡りでもして帰ろう
取り敢えず本栖湖に行く
頂上が見えてきたが雲が厚い
D1C_3793-0910.jpg
そういえば対岸にはどこか竜ヶ岳に登る道がありそうなのでいつか登る時のために調査しよう
キャンプ場入口まで行くと松林の中に広い竜ヶ岳登山者用駐車場とある
D1C_3796-0930.jpg
キャンプ場の中には竜ヶ岳登山口への案内板が各所に
キャンプ場の人と話をして正月のことなど聞いたので目的は達成したが2時間で登れるとのこと
丁度観光バスで登山者の集団が来たので後ろをついていくことに
D1C_3798-0952.jpg
10:06
キャンプ場を抜けると登山口に
ここから登山道らしい登りに
D1C_3800-1006.jpg
休み休み登ったら35分ほどしてベンチのあるピークに出る
振り返ると本栖湖
D1C_3811-1050.jpg
木の間から富士山
大分雲が少なくなってきた
D1C_3812-1051.jpg
タップリ休憩し少し下ってまた登り
D1C_3815-1052.jpg
風がないので暑い
眼下に芝桜で有名な本栖湖リゾートが見え始める
今年は満足に咲かなかったためか全面にシートを敷いている
D1C_3821-1114.jpg

D1C_3827-1124.jpg
45分経ってやっと東屋のある展望台に着く(あとで分かったが右の建物の中が石仏)
竜ヶ岳は眼の上
先に行った団体さんはもう頂上に着いたようだ
D1C_3833-1138.jpg
登ればドンドンと景色が良くなる
D1C_3836-1149.jpg
度々お世話になる道の駅朝霧高原やその先に広がる牧草地も見え始める
D1C_3843-1219.jpg
やっと着いた頂上
登山口から2時間半
頂上にはまだ団体さんがいた
D1C_3848-1238.jpg
なだらかな頂上のため周りの笹で下が見えず期待程の眺望はない
登る途中の方が富士山の眺望は良い
D1C_3862-1310.jpg
1時過ぎまで昼食をノンビリとっていてふと気づく
4時の山中湖のダイヤに間に合うだろうか
登山口まで1時間半 駐車場まで15分 本栖湖から山中湖まで1時間?(ヤマカン)
段々景色がよくなったのに足元しか見られず慌てておりる
D1C_3874-1333.jpg
急いだので何とか2時45分に駐車場に着く
でもダイヤ時間まで残り1時間20分 余裕はない
10/26 朝霧高原
新月一日前ということで細い月が撮れるかと思い夜明け前の道の駅朝霧高原から
東海自然歩道に入り迂回ルートを
歩道の曲がり具合からポイントを捜す
風を避けて待機するが富士山は見えず
一瞬剣ヶ峰が見えたが
D1C_3690-0558.jpg
すぐ雲に隠れる
D1C_3691-0611.jpg
時間が過ぎて撤退している最中に頂上が見えたが月はなし
やはり新月の前日は無理のようです
D1C_3703-0618.jpg
道の駅に戻り今度はダイヤを待つ
D1C_3707-0631.jpg
ダイヤ時間になると厚い雲
D1C_3708-0703.jpg

D1C_3713-0704.jpg
少しピカーとなったが
DSC_9816-0706.jpg
まるで月を撮っているような感じ
D1C_3745-0706.jpg
影だけがクッキリしていました
残念!!
D1C_3780-0714.jpg