プロフィール

Author:ワカ
生息地:横須賀
行動パターン:天気が良く、暖かい日にタンデムで出没することが多い 暑さ寒さに弱い
~~~~~~~~~~~~~
画像をクリックすると拡大して見ることができます

QRコード

QR

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

きまぐれ日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/30 山中湖の紅葉
富士山が見えなくなったので昼間の山中湖の紅葉を見に行く
D2C_8631(1).jpg

D2C_8635(1).jpg

D2C_8668(1).jpg

D2C_8670(1).jpg

D2C_8671(1).jpg

D2C_8674(1).jpg

D2C_8684(1).jpg
紅葉になり始めたばかりだがそこそこ見られる所もありました
スポンサーサイト
10/30 山中湖
10/29 21:33
明日朝の紅を期待しパノラマ台で車中泊することに
寒いけれど富士山が満月に照らされていたので夜景を撮る
D2C_8558-2133.jpg
10/30 5:08
朝出入りする車に起こされる
少し雲が多いいがおぼろな満月
D2C_8565-0508.jpg
雲に浮かぶ山中湖周辺の山
D2C_8584-0553.jpg
日の出直後の紅富士
D2C_8604-0602.jpg
新雪が照らされて眩しい
D2C_8607-0602.jpg
と思っていたら左から流れる雲
D2C_8612-0603.jpg
雲が少なくなったら紅も消滅
D2C_8619-0608.jpg
パノラマ台の紅葉を撮ろうと日が当たるまで粘ろうとしたがその前に三国峠を乗り越えてきた雲に富士が消滅
D2C_8626.jpg
10/29 紅葉のライトアップ
田貫湖のパールの後は富士吉田の道の駅前のライトアップ会場に
D2C_8493.jpg
残念ながら見ごろには程遠く紅葉しているのは数本だけ
D2C_8507.jpg
- - - - - -
富士吉田は諦めて山中湖に移動
D2C_8509.jpg
こちらも紅葉は早いがライトアップのおかげでそれとなく
D2C_8514.jpg

D2C_8521.jpg
湖面から湧き上がるモヤ
D2C_8530.jpg

D2C_8535.jpg

D2C_8531.jpg

D2C_8533.jpg
展望台から見る紅葉と富士
何度か撮りたかった情景
満月のおかげでやっと撮ることができました
D2C_8542(2).jpg

D2C_8554.jpg
10/29 田貫湖
午後からは田貫湖に
D2C_8266.jpg
風があって富士が映るようなこともない
散歩がてら湖を一周
D2C_8269.jpg

D2C_8261(1).jpg

D2C_8285.jpg
所々に見られる紅葉
D2C_8288.jpg
唯一の砂浜
国民宿舎前の木道は工事中のために入れず
D2C_8290.jpg
一気に夕方
湖畔で重い三脚を持って行ってパール待ちしても富士は湖に映らず寒いだけ
しかも日没30分後なので手を抜いて駐車場の車の脇から
D2C_8325.jpg
今日の本当のパール富士は白っ飛びした月と真っ黒な富士だったが多重露光で遊んでみた
D2C_8447(3).jpg
昨日もし天気がよければこんなパールが撮れただろうに 残念
10/29 猪之頭林道
天気が良く富士山が見えていたので猪之頭のトンネルまで
昨年の台風の影響でトンネルまでは通行止めになっていたので久しぶり
D2C_8151.jpg
前回来た時に撮っていなかったベタなトンネルの中から
D2C_8131.jpg
トンネルの反対側に行くと前回来た時に閉まっていたゲートが開き全線開通していました
D2C_8153.jpg
トンネル前からの景色
D2C_8138.jpg
良い天気なのに上がって来る人はいません
D2C_8143.jpg
新雪が眩しい
D2C_8137.jpg
適度に紅葉
D2C_8165.jpg
トンネル前より少し降りたところの方が広々とした感じ
D2C_8169.jpg
下っていると突然カモシカが出現
やおら目を合わすと崖に消えた
上る時にもいたが同じカモシカでしょうか
P1850314.jpg
上のパラグライダースタート地点から
D2C_8182.jpg
紅葉や富士山を楽しむ
D2C_8197.jpg
最後は下のパラグライダースタート地点からの眺望
天気も良くそこそこ風があっても誰も飛ぶ人はいませんでした
D2C_8223.jpg
10/29 雨上がり
昨日は午後から雨で今朝まで強い雨が降ると聞いていたが予想外に早く上がった
3時過ぎの月明かりの本栖湖に到着
雨が富士には雪が積もったようで富士山らしい顔になっていました
D2C_8006.jpg
大分太陽も近くになっています
D2C_8046.jpg
日の出の後はJA豊茂近くの牧草地からダイヤ待ち
D2C_8061.jpg
一つの雲もなくしっかりした光芒
D2C_8091.jpg
10/27 パール富士(荻原公民館)
雲が多く頂上が隠れることが多かったが取り敢えず今日の真ん中のパール富士の場所と思われる荻原公民館で待機
D2C_7797.jpg
16:35
運よく頂上が見えている時に月が上り始める
D2C_7824.jpg
16:36
計算どおり
ど真ん中のパール富士をゲット
D2C_7845.jpg
16:37
D2C_7887.jpg

D2C_7904_20121108171549.jpg
剣が峰狙いだと一瞬で終わるが真ん中狙いだとたっぷり楽しめる
D2C_7925.jpg
剣が峰の上になるまで待つつもりでいたが頂上が雲にかかり月も見えなくなったので撤収
ところが突然頂上と月が出現
しかも紅に染まっているではないか!!
慌てて仕舞った三脚を取り出し撮影
D2C_7953.jpg
16:51
日の入り9分前
紅に染まった富士と月がポッカリ浮かぶ夕暮れ
待った甲斐がありました
D2C_7956.jpg

11.6の月(13夜)16:36
日の入り17:00
10/26 河口湖
河口湖大石公園のコキアを見に行く
D2C_7662.jpg
先っぽが少し茶色なので見ごろ過ぎかも
D2C_7666.jpg

D2C_7671.jpg
湖畔沿いの紅葉はまだまだ
D2C_7679.jpg
明日からもみじ回廊の紅葉まつりだが回廊はみどり
脇のドウダンツツジで気を紛らわす
D2C_7696.jpg
回廊の突き当たりの方が良い色でした
D2C_7698.jpg
11月にならないと見ごろにはならないようです
10/26 三ッ峠
夜明け前の三ッ峠山山頂
2時過ぎに出発
ゆっくり登って5時に着く予定でいたら4時過ぎに到着
満月も沈んだ後の暗い中での登山だったので休憩しても景色が見られる訳でないので少なかったのが効いて予定より1時間も早く着いてしまったようだ
夜明けまで3時間も寒い頂上で我慢しなければならず持っていった防寒具を全部着て朝を待つ
暗闇に浮かぶ富士山と雲海に映る夜景が素晴らしい
D2C_7543-0419.jpg

D2C_7544_20121107185026.jpg

D2C_7550.jpg
夜明け前に下の山小屋がうるさくなる
耳を澄ますとトランシーバーを使って連絡しているので集団登山らしい
私たちだけだった頂上に先発隊の数人が登った後に続々と子供と付き添いの方たちが到着
静かだった頂上が賑やかに
幼稚園児と先生と付き添いの父兄で80人くらいで賑やかな頂上になった
D2C_7579.jpg
峠を乗り越えて流れる雲海
P1840934.jpg
そして日の出
頂上でお誕生会の胴上げなど
おかげで寒さをすっかり忘れて過ごすことができた
D2C_7592.jpg
日の出に染まる山々
前回(去年5月)登った時は富士山が見えなかっただけに大満足
D2C_7606.jpg
頂上より降りて山小屋からの富士
D2C_7647.jpg
さらにすぐ近くの空き地からの富士を撮影し7時に下山開始
すれ違いの人にもう登ってきたのかとびっくりされる
D2C_7650.jpg
富士山が見えていそうだったので旧御坂トンネル前に寄ってみる
D2C_7653.jpg
夜中に登り始めた人は私たち以外に誰もいなく少々不安だったが前回の山登りの経験が生き
しかも夜景と日の出と紅葉の富士の見られて疲れも吹き飛んだ
10/24-25 高ボッチ山
初めての高ボッチ山
幸運にも諏訪湖越しに富士山が見えた
D2C_7175.jpg
頂上のケルン
D2C_7243.jpg
夕方になって富士山は見えなくなったが八ヶ岳に夕日が当たり
D2C_7282.jpg
ずっと雲がかかっていた北八ヶ岳も見え始め
D2C_7239.jpg
北岳をはじめとする南アルプス
D2C_7279.jpg
反対側に北アルプスの
D2C_7242_20121106221117.jpg
穂高
D2C_7287.jpg
そして槍ヶ岳と大パノラマを楽しむ
D2C_7288.jpg
夕焼け
D2C_7302_20121106220947.jpg
そして御岳山
D2C_7318.jpg
風が強く寒さに震えながら撮った諏訪湖の夜景
D2C_7334.jpg
次の日は雲が多く朝日も富士山も見えず寒いだけ
初霜柱
D2C_7427.jpg
皆さんが撤収した後にウッスラ見え始めた暈(かさ)
D2C_7415.jpg
さらにその上に逆円の虹
全部が写真に収まりません
D2C_7435.jpg
初めて見る現象にウットリ
D2C_7432.jpg

10/24 群馬から長野へ
先週に続き再び群馬
今回は国道254号で下仁田からさらに奥に入った本宿に
D2C_7115.jpg
この道は中山道の脇往還で上州姫街道とも言われたそうな
D2C_7094.jpg
国道から外れたところにあるので古い町並みが残っている
D2C_7100.jpg

D2C_7104_20121105184519.jpg

D2C_7108_20121105184549.jpg
狙いは古月堂の本宿どうなつ
生憎休業日で買うことはできませんでした
D2C_7106.jpg
- - - - - -
長野に抜ける内山トンネル手前で荒船山を望む
D2C_7117.jpg
振り返れば妙義山
D2C_7123.jpg
紅葉もバッチリ
D2C_7128.jpg
- - - - - -
長野に入ってほっとぱーく・浅科で浅間を望む
D2C_7136.jpg
初冠雪とのこと
D2C_7141.jpg
こちら側からの浅間は初めて見る
D2C_7159.jpg
天気が一日良さそうなのでこの後 高ボッチ高原に向かう
10/18 妙義
早朝の妙義の駐車場
天気予報では群馬だけ晴れの予報だったので妙義に来たがそうでもなさそう
DSC_1435_20121104002554.jpg
折角なので雨具を用意して登ることに
DSC_1438_20121104002650.jpg
登るといっても石門巡り
DSC_1444.jpg
まずはかにのこてしらべ
DSC_1446.jpg
第一石門は木に隠れて全容が見えないが紅葉になれば素晴らしいでしょう
DSC_1454_20121104003255.jpg
次にかにの横ばい
DSC_1455.jpg
若干スリルを感じるがクサリに助けられる
DSC_1460.jpg
かにの横ばいを過ぎるとすぐ急な登りのたてのぼり
足場がなくクサリに頼って力任せに登る
DSC_1462(1).jpg
登りきったと思ったら岩に挟まれて体や靴が通らないほど狭い第二石門
そして最大の難関のつるべさがり
足場がツルツルなのでクサリにしがみついて降りるが途中で休む所もなく腕に限界
途中で写真を撮る余裕もなく降りて一安心
DSC_1467.jpg
第三石門
DSC_1469(1).jpg
やっとたどり着いた石門広場
DSC_1471_20121104010417.jpg
第四石門
DSC_1472.jpg
第四石門越しに見る大砲岩
DSC_1480_20121104010639.jpg
第四石門脇から見る眺望
DSC_1489_20121104010801.jpg
天気が良ければと悔やむ
DSC_1490_20121104010843.jpg

DSC_1491_20121104010905.jpg
展望台からの眺望
DSC_1506_20121104011203.jpg
中之岳神社まで着くととうとう雨
雨が止むのを待って轟岩に
途中はクサリもないツルツルの岩場
DSC_1522_20121104011648.jpg
これ以上登るのは危険と判断し金洞山が見渡せる所で折り返し
DSC_1515_20121104011747.jpg
中之岳神社の急な階段が最後のビビリ
DSC_1524_20121104012207.jpg
中之岳神社の巨大恵比寿さんの後ろに見える轟岩
DSC_1545_20121104012403.jpg
十分過ぎるほどのスリルを味わったあとは美術館に
DSC_1555.jpg
コスモスに癒されました
10/15 遅いひまわり
ピーカンで富士山が見えていたのでコスモスが咲く花の都に
D2C_6939_20121101203258.jpg
季節外れのアサガオ
D2C_6932.jpg
もうひとつの季節外れのヒマワリ
D2C_6910.jpg
台風で全部倒れたそうで一本一本起こして見事復活
でも気づかないのか見る人は誰もいませんでした
D2C_6905.jpg
10/15 淡雪
昨夕富士山に降った雪がピンクに染まれば良いかなとパノラマ台で待機していたが雲がかかって富士山が見られなかったので裏の明神山の中腹まで登る
D2C_6730-5040.jpg
日の出を待つが東の方の雲が邪魔しなかなか富士山に日が当たらず
D2C_6757-0605.jpg
富士山より先に南アルプスに日が当たる
雲海に浮かぶマウント富士
D2C_6759-0610.jpg
日が当たっても縞々
D2C_6791-0626.jpg
雲海が波のように満ちたり
D2C_6865-0703.jpg
引いたり
黄金に輝くススキ
D2C_6876-0712.jpg
パノラマ台に降りて見ると雪が大分解けたような
D2C_6890-0735.jpg
10/13 本栖湖周辺散策
本栖湖は1000円札の場所以外はあまり歩いたことがなかったので散策することに
まずは江岸寺
フジアザミが満開
D2C_6402.jpg
国道139号を北に向かい上九一色中学の信号そばにあった石塁の看板に案内されるまま森の中に
D2C_6407.jpg
樹海の一部に入って道が良く分からないまま進んでいると突然石垣
D2C_6410.jpg
最初は低い石垣や崩れた石垣
D2C_6415.jpg
奥に進むにつれて段々高くなる
D2C_6426_20121022195805.jpg
樹海の中をどこまでも続く石塁
何のために作られたかよく分からないそうだ
D2C_6420.jpg
途中であきらめて引き返し国道を横切って中学側の石塁を見に行くことに
D2C_6431.jpg
行けども行けどもそれらしきものは見つからず
何とかそれらしき石垣が数箇所
D2C_6447.jpg
あとはダラダラ森の中を湖畔の方に行くとトリカブトが満開
D2C_6433.jpg
さらにキノコ
D2C_6440_20121022191849.jpg
誘惑
D2C_6449.jpg

D2C_6450.jpg
秋の味覚
D2C_6453.jpg
少しだが紅葉の始まり
D2C_6477.jpg
国道300号近くの空き地に出るとフジアザミの花に蝶が密集
D2C_6465_20121022192306.jpg
国道300号を横切り溶岩海岸に
D2C_6481.jpg

D2C_6383.jpg
湖の中まで溶岩がそのまま
D2C_6484_20121022192949.jpg

D2C_6491.jpg
最後は定番の1000円札の場所に
D2C_6500.jpg
湖畔に下りるとキャンパーがカヌー遊び
D2C_6520.jpg
休日ということで入れ替わり立ち替わり
D2C_6525.jpg
一日富士山が見えていたので夕焼けを期待したが西の雲が厚く少し焼けただけ
D2C_6535.jpg
10/13 ダイヤモンド富士(根原)
細いお月さんの後は根原の牧草地の中で仮眠しながらダイヤ待ち
D2C_6263-0603.jpg
少し雲があったので心配したが
D2C_6274-0655.jpg
6:56
D2C_6284-0656.jpg
しっかりと光芒付きのダイヤモンド富士をゲット
D2C_6296-0656.jpg


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
10/13 27.0の月
日の出(5:45)前の04:19
まだ暗い富士宮人穴からの富士
少し雲があったが月が見え始め
D2C_6196-0419.jpg
正宗の兜? 
D2C_6209-0420.jpg

D2C_6210-0420.jpg
6:20
場所もピッタリ
D2C_6222-0420.jpg

D2C_6226-0420.jpg
あっという間に終わった天体ショウ
D2C_6231-0420.jpg
細い月に照らされて色づく雲
D2C_6250.jpg
左端に北斗七星
D2C_6253.jpg
久ぶりの剣が峰に懸かる細い月を撮ることができ寒さも吹き飛んだ
10/10 くりはま花の国
コスモスが見ごろらしいので寄ってみた
D2C_6109.jpg
遠足でしょうか元気一杯
D2C_6095_20121012164647.jpg
年齢が両極端
D2C_6091.jpg
ホバリングしながら花の蜜を吸うホウジャク
D2C_6138.jpg
彼岸花も見ごろ
D2C_6128.jpg
秋の気配がしのびよっています
D2C_6116.jpg
トレインは積み残しが出るほど盛況
D2C_6101.jpg
10/1 パール富士(久留和)
台風一過の久留和の朝
D2C_5846-0543.jpg
段々薄くなるまん丸の月
D2C_5901-0605.jpg
6:06
ヒヤヒヤしながら何とか三浦半島からのパール富士をゲット
D2C_5944-0609.jpg
15.0の月
日の出5:35


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。