プロフィール

Author:ワカ
生息地:横須賀
行動パターン:天気が良く、暖かい日にタンデムで出没することが多い 暑さ寒さに弱い
~~~~~~~~~~~~~
画像をクリックすると拡大して見ることができます

QRコード

QR

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

きまぐれ日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/28 ダイヤモンド富士(荒井浜)
今まではダイヤモンド富士の日でも静かだった荒井浜だが異国に来た感じ
D3C_1942-1653.jpg

D3C_1944-1654.jpg
太陽もクッキリ
富士山も段々見え始め邪魔な雲もなさそう
D3C_1959-1804.jpg
久しぶりのダイヤモンド富士にワクワク
D3C_1977-1808.jpg
18:09
ダイヤモンド富士に
D3C_2011-1809.jpg

D3C_2030-1810.jpg

DSC_3128-1810.jpg
そしてぴったりのキャッツアイ
D3C_2064-1811.jpg
静かに暮れて
DSC_3138-1812.jpg
夕焼けを期待したが強欲でした
D3C_2090-1825.jpg
久しくダイヤモンド富士が見られていなかっただけに感慨もひとしお
スポンサーサイト
4/27 油壷のトンネル
引橋の藤の花
今年は色々な花が早く咲いていたので見ごろを過ぎているかと思ったが丁度見ごろ
D3C_1834.jpg
藤観察はダイヤモンド富士追っかけ時の恒例になってしまった
D3C_1842.jpg
今日は気になっていた油壷のトンネルへ
諸磯湾の北岸の細い道を進むと二股に別れ
D3C_1869.jpg
右の方はゲートで行けないがトンネルの先に明かりが見える
D3C_1870.jpg
左の方のトンネルは掘った後がクッキリのやや狭いトンネル
入るのに一寸勇気がいるが思い切って突入
D3C_1855.jpg
トンネルの正面に東大臨海実験場の建物が
D3C_1860.jpg
左に諸磯湾をはさんで浜諸磯
D3C_1845.jpg
トンネルの先に何があるのか心配したが別荘など結構立派
D3C_1863.jpg
帰る途中のトンネル手前にあった何やら変な飾り
D3C_1872.jpg
丁度戸を閉める所だったので話を聞いてみるとこの中でサザエやアワビの養殖をしているとのこと
戦時中は潜水艦置き場だったらしく今の道路が海でそのまま出航できたようだ。
D3C_1877.jpg
話しを聞いているとすっかり遅くなって今日のダイヤのポイントに
残念ながら頂上に雲
雲が晴れるのを期待したがあえなく撃沈
D3C_1900.jpg

4/27 くりはま花の国のこいのぼり
色々な花が早咲きしているので花の国のポピーも…と思ったが
D3C_1824.jpg
まだまだ
D3C_1827.jpg
一番奥のネモフィラが見ごろ
D3C_1781.jpg
花は少ないが陽気に誘われていいお散歩に
D3C_1733.jpg
恒例となったこいのぼり
絡まったり風がなくってダラッとしたりで結構撮るのが難しい
D3C_1787.jpg

D3C_1798.jpg

D3C_1821.jpg

D3C_1830.jpg
心地よい風をお供にいい運動になりました
4/25 14.7の月
緊張感のない三戸の防波堤
D3C_1548.jpg
こんなのを夢見て糸を垂らすが何の反応もなし
D3C_1558.jpg
ダイヤ待ちで富士をチェックするが全く見えず
D3C_1560.jpg
そして惨敗
D3C_1564.jpg
帰りに上り始めたほぼ満月の14.7の月
D3C_1579-1824.jpg
いつもなら西の富士山と一緒に撮る電柱だが東向きで月と一緒に
D3C_1594-1831.jpg
4/25 太田和つつじの丘3
やっと太田和つつじの丘の上の方が満開になっていました
D3C_1465.jpg

D3C_1474.jpg

D3C_1481.jpg

D3C_1487.jpg

D3C_1501.jpg

D3C_1508.jpg
大変賑わっていました
4/22 佃嵐崎
栗谷浜漁港脇の潮溜まりで恒例のスジエビ採り
まだ寒いのかやや不漁
D3C_1190.jpg
沢に自生するオランダカラシ(クレソン)の花
D3C_1194.jpg
ダイヤのポイントの佃嵐崎に着くが富士も太陽も出ず
昨日の雨の後で予報も晴れだったので期待したがドンヨリした雲で絶望的
D3C_1196.jpg
ならば植物観察
まず食用に柔らかいアシタバ採集
D3C_1202.jpg
グミ
D3C_1205.jpg
ハマエンドウ
D3C_1207.jpg
ハマダイコン
D3C_1213.jpg

今日の夕飯には
スジエビの素揚げ
D3C_1231.jpg
アシタバの天ぷら
D3C_1229.jpg
など自然の恩恵を味わう
4/18 ダイヤモンド富士(高円坊)
キャベツ畑が広がる高台の高円坊
D3C_1105.jpg
17:49
ボヤボヤの太陽に見えない富士
D3C_1106-1749.jpg
18:00
お月さんのような太陽に段々現れてきた富士
D3C_1107-1800.jpg
18:01
そしてドッキング
D3C_1118-1801.jpg
18:02
パラボラ越しに見る赤いダイヤ
D3C_1154-1802.jpg
別の場所で撮ったドンピシャのキャッツアイ
P1920559.jpg
夕方の天候からダイヤが撮れるかどうかは自信がなかったが見事なダイヤとキャッツアイをゲット
三浦半島で撮るダイヤモンド富士の難しさと真髄を見たような気がした
4/18 太田和つつじの丘(2)
再び太田和つつじの丘に
少し歩くと汗ばむほどの陽気
D3C_1090.jpg

D3C_1038.jpg
一週間前には下の方が咲いていたのでそろそろ上の方が咲いていないか覗いてみた
D3C_1045.jpg

D3C_1054.jpg

D3C_1061.jpg

D3C_1078.jpg

D3C_1101.jpg
下の方は枯れ始めがチラホラ
上の方はまだ少し早いようで来週初めくらいが見ごろになりそう
4/13 ダイヤモンド富士(久留和)
国道134号は立石に入ろうとする車で渋滞
久留和はいまだかつてない程の車と三脚で混雑
土曜ということでダイヤモンド富士を期待しての賑わい
幸い太陽も富士もバッチリ
D3C_0688.jpg
よく分からないままドッキング
D3C_0711.jpg
17:57
ダイヤモンド富士に
D3C_0771-1757.jpg

DSC_3030-1757.jpg

D3C_0844-1806.jpg
皆さんが帰った後に三日月と岬の明かりとトワイライトブルー
D3C_0853-1840.jpg
中国からの黄砂やPM2.5とかで富士山がクッキリしない日が続いていたが
三浦半島のダイヤモンド富士だけは例年以上に良く撮れるのは不思議
4/12 ダイヤモンド富士(秋谷)
今日は長者が崎が混んでいるらしいがその長者が崎を見下ろす秋谷の高台から
DSC_2966-1748.jpg
雲が出ていたが太陽も富士もバッチリ
D3C_0538-1748.jpg
雲の下に太陽が下りるとバッチリダイヤモンド富士に
D3C_0606-1756.jpg
 
D3C_0607-1757.jpg

DSC_2989-1757.jpg
最後にキャッツアイ
D3C_0649-1758.jpg
4/11 太田和つつじの丘
ダイヤ追っかけの時チラッと見える丘の上は大分色づいている
残念ながら夕方で既に日がかげっている
今日は天気も良かったので午前中に覗いてみた
D3C_0341.jpg
下の方は丁度見ごろの目がチカチカ
D3C_0347.jpg

D3C_0348.jpg

D3C_0350.jpg

D3C_0354.jpg

D3C_0355.jpg

D3C_0358.jpg

D3C_0360.jpg

D3C_0362.jpg

D3C_0367.jpg
上の方はまだつぼみだがいつ見ごろになるか油断ができない
D3C_0387.jpg

D3C_0374.jpg

D3C_0379.jpg
4/10 ダイヤモンド富士(湘南国際村)
海か山か
結局湘南国際村の階段下で待機
D3C_0197-1743.jpg
雲が多く危ぶまれたが頂上が見え始め
D3C_0211-1753.jpg
クッキリ
D3C_0218-1754.jpg
17:55
バッチリのダイヤモンド富士に
D3C_0251-1755.jpg
撮れるとは思っていなかったので拾い物のダイヤでした
DSC_2907-1756.jpg

4/9 ダイヤモンド富士(阿多野貯水池)
阿多野貯水池は初めての所なので早めに行き駐車場所を確保し周りを散策
灌漑用かと思ったらダム用の貯水池なので絶えずさざ波が立っていて逆さは期待できそうもない
D3C_9959-1526.jpg
菜の花の向こうに富士だが生憎の電線
D3C_9954-1521.jpg
ベニシジミ
D3C_9966-1535.jpg
傘雲が出ては消えの連続で大きくはなりませんでしたが形はバッチリ
D3C_9988-1545.jpg
強烈な光だが思った程の光芒が出ず
DSC_2818-1711.jpg
そしてダイヤ時間に
D3C_0086-1724.jpg
頂上に出てきた雲が気になったが強烈な光で物ともせず
D3C_0123-1724.jpg
17:24
D3C_0137-1724.jpg
ダイヤモンド富士
D3C_0149-1724.jpg

DSC_2859-1724.jpg
長い2日間の遠征は好天に恵まれて最高でした
4/9 富士霊園の桜
一度は見に行きたかった富士霊園の桜
朝着いた時はが駐車場もガラガラ
全長900メートルの桜並木は満開
D3C_9810.jpg

D3C_9873.jpg
正面の突き当たりが階段
D3C_9882.jpg
午後になって空も青くなって桜が映えてきた
D3C_9888.jpg
富士も桜の木の間から少しだけ
D3C_9902.jpg
再び階段を上るがこちらも混雑
D3C_9928.jpg
もちろん桜並木も渋滞ぎみ
D3C_9927.jpg
桜並木だけでなくしだれ桜も立派
D3C_9942.jpg

D3C_9949.jpg
散り始めた桜もあり丁度良いときに来れたのは偶然とはいえ幸運でした
4/9 忍野の桜
忍野の桜はまだ咲き始めたばかり
D3C_9739.jpg

D3C_9752.jpg

D3C_9756.jpg

D3C_9758.jpg

D3C_9765.jpg

D3C_9769.jpg
忍野ってやはり寒いところなんですネ
4/9 農村公園の朝
前回は凍っていて逆さ富士がうまく撮れなかったので再度の挑戦で朝の農村公園に行ってみる
でも…
行ってみるとどうも様子がおかしい
白々明けてみると一面に張ってあるはずの水がない
入ってくる水の量が少なく水が溜まらずに逆さ富士になっていない
ここも水量が少なく河口湖状態になっているのだろうか
しかも朝焼けせず
D3C_9709.jpg
それでも昨日と同じように良い天気になった
D3C_9716.jpg
ラジオ体操を聞きながら春を感じる
D3C_9721.jpg

D3C_9725.jpg
小さい花びらの富士桜でしょか
D3C_9727.jpg
満開になっていました
D3C_9730.jpg
今度は田植え時期にでも逆さ富士の挑戦ができれば良いかな~
4/8 朝倉浅間神社の桜
笛吹の桃の花を見た後に再び富士吉田に戻るとまだ富士山がよく見えていたので朝倉浅間神社に
この季節は車で上に登れず駐車場から徒歩
三脚が重い
D3C_9603.jpg
残念ながら木に元気がないようで花数もすくない
D3C_9634.jpg
夜景を待ったが桜にライトアップはないのでうまくいきませんでした
D3C_9658.jpg

D3C_9691.jpg
折角なので通常の夜景を撮って今日の長い一日の終わり
D3C_9686.jpg


4/8 笛吹市の桃の花
河口湖から御坂トンネルを抜けて笛吹市に
今年の桃はもう見ごろを過ぎたらしいがどんなところか現調がてら桃の里に
D3C_9530.jpg
まずはよく分からないまま着いた御坂町花鳥の里
看板のまま散策コースに
D3C_9532.jpg
南アルプスや鳳凰三山などの白い峰々を見ながらの桃畑の広さにびっくり
D3C_9535.jpg
観光用なのか桃の花と菜の花のコントラストがすごい
D3C_9540.jpg

D3C_9546.jpg

D3C_9547.jpg

D3C_9552.jpg

D3C_9553.jpg
もっと高い所から見下ろそうと着いたのが八代ふるさと公園
D3C_9564.jpg

D3C_9567.jpg

D3C_9569.jpg
どうももっと高い所があるようで教えてもらったのが花鳥山一本杉
D3C_9579.jpg
リニアの線路が一直線に伸びる桃の里
D3C_9573.jpg
ふもとの桃はすでに見ごろを過ぎているらしいが少しはピンクが残っている
D3C_9574.jpg
大体様子が分かったので次回はふもとがピンクの時に来てみたいものだ
4/8 河口湖の桜
河口湖の桜が満開と聞き見に行く
D3C_9457.jpg

D3C_9469.jpg

D3C_9474.jpg

D3C_9479.jpg

D3C_9499.jpg

D3C_9501.jpg

D3C_9495.jpg

D3C_9488.jpg

D3C_9493.jpg

D3C_9504.jpg

D3C_9513.jpg

D3C_9526.jpg

D3C_9519.jpg

D3C_9525.jpg
見ようと思ってもなかなかチャンスがなかった河口湖の桜
富士山もクッキリして最高の桜日和でした
4/8 猪之頭のみつばつつじ
パールの後に猪之頭を走っていると庭先に紫色の花がチラホラ
この時期にミツバツツジ?
Uターンして静岡県の天然記念物指定されている樹齢約600年の猪之頭のみつばつつじを見に行く
D3C_9442.jpg

D3C_9444.jpg

D3C_9445.jpg

D3C_9449.jpg
毎年この時期に猪之頭を通るたびに気にして覗いて見ていたがいつも空振り
今回少し早いけれど咲いているのを見られたのは幸運でした


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。