プロフィール

Author:ワカ
生息地:横須賀
行動パターン:天気が良く、暖かい日にタンデムで出没することが多い 暑さ寒さに弱い
~~~~~~~~~~~~~
画像をクリックすると拡大して見ることができます

QRコード

QR

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

きまぐれ日記
5/31 夕焼け
夕方になって雲が多くなっていたので油断していたら西の空が焼け始めたので慌てて定点に
既にピークは過ぎていたが何とか間に合う
D3C_4871-1903.jpg
大楠山の方も良く焼け
D3C_4880-1904.jpg
久しぶりの夕焼けを楽しむ
D3C_4886-1905.jpg
5/27 須走散策
道の駅に置いてあった須走散策MAPを片手に道の駅から須走を散策
まずは空中遊歩道を降りたところにある水の広場
水の広場とはいえ駐車場の脇にあってよくわからず
D3C_4816.jpg
富士浅間神社へ入る
鳥居は神社の名でなく不二山
脇には講の記念碑が沢山
D3C_4820.jpg
本殿
D3C_4829.jpg
本殿脇の茂み中に静岡県天然記念物のハルニレ
D3C_4832.jpg
樹齢約500年 高さ24.5mの巨木
D3C_4834.jpg
コンコンと湧き出る清水
D3C_4835.jpg
その水が神社から外に出る時は激しい滝に
どこから集まってきたのだろうか
D3C_4840.jpg
エゾヤマザクラ
推定樹齢約110年で、別名をオオヤマザクラと称し、ヤマザクラの北方型であり、石割ザクラと同種で静岡県が南限である。なお県内には須走に一本しかない
D3C_4841.jpg
須走本通りから少し入った所にある水の広場
腰の位置にある場所から水が湧き出ている
須走本通りの脇の水路にはこんな綺麗な水が音をたてて流れているが雨の日に溢れないか心配
D3C_4845.jpg
もう一箇所の水の広場
残念ながら水が流れていなく下水?
D3C_4853.jpg
元に戻って須走護国神社
D3C_4864.jpg
その脇を通る鎌倉往還
D3C_4863.jpg
土がなくなって根がむき出しに
D3C_4861.jpg
根上がりモミ
D3C_4859.jpg
神社の脇を通った鎌倉往還はこの道を登っていく
大体大きな木があるそばが旧道のようです
D3C_4866.jpg
40分コースをノンビリ1時間以上かけて散策
道の駅須走にはよく寄るが神社や町を散策するのは初めて
面白い散策ができました
5/27 新倉山浅間公園のアヤメ
新倉浅間神社に
D3C_4810.jpg
浅間公園の忠霊塔から10数分登ったところにあるアヤメの群生
D3C_4792.jpg
咲き始め
D3C_4784.jpg
パンフレットでは杉が低かったのでアヤメと富士と富士吉田の町並みが写っていたが
今は木が伸びすぎて富士を入れるのがやっと
このままでは富士山も見えなくなるだろう
D3C_4789.jpg
まだ咲いていないだろうがダメモトで登ったアヤメの群生地
少しでも咲いていたので登った甲斐がありました
5/27 白糸の滝
富士山がクッキリしないので富士吉田の白糸の滝に向かう
第一駐車場から数分で第二駐車場に
D3C_4714.jpg
ほどなく看板のあるところに
D3C_4715.jpg
何故だか逆さに
D3C_4718.jpg
そのそばに下見の滝
D3C_4722.jpg
脇の橋を渡って
D3C_4724.jpg
山道を10分ほど登ると分岐
D3C_4727.jpg
右への道へ進むと突然白糸の滝が現れる
水量は少なく枯葉などが堆積しているが高さに感嘆
D3C_4728.jpg
元の道に戻って道端にある三十三観音
D3C_4749.jpg
丁度咲いていたつつじが坂のつつじ
D3C_4756.jpg
姉妹松 夫婦松を過ぎるとすぐに
D3C_4759.jpg
富士見台に到着
残念ながら富士山は雲の中で見えなかったがベンチで休憩
D3C_4761.jpg
平日ということもあって上り下りとも誰とも会わず
もっと水量が多い日に再び来てみたいものだ
5/27 17.1の月
今日のパールは花の都の南端で日の出(04:26)後の05:11なのでノンビリ出かけるが
段々霧が濃くなり富士山も月も見えず
諦めて昨日に続き二十曲峠へ
下界は雲の中
月もバッチリ見える
D3C_4654-0427.jpg
日の出過ぎで少し紅くなるが雲が出始める
D3C_4671-0438.jpg
右肩に落ちるところを期待したが雲で消滅
D3C_4681-0517.jpg
途中富士山も見えなくなったが
D3C_4689-0535.jpg
月が沈んだあと再び富士が見え始める
D3C_4694-0545.jpg
今回の細い月は残念ながら撃沈でした
5/26 農村公園の夕暮れ
日中は日差しが強く高い所や屋根のあるところで過ごす
夕方になってしのぎ易くなったので農村公園に
待っていると厚い雲の下から太陽が覗き夕焼けに
D3C_4623.jpg
田んぼに映る夕日
面白い山並み
D3C_4638.jpg
カシミールで調べたら五湖台や鬼ヶ岳 十二ヶ岳など西湖の周りの山
農村公園1
隙間から夕焼けが広がるよう期待したが微妙
D3C_4644.jpg
富士の周りの雲も少し色づく
D3C_4648.jpg
雲が厚すぎたようです
5/26 石割山登山
パール狙いで二十曲峠で待機していたが未明から富士も月も見えず完全撃沈
石割山もダメだったそうだ
日が昇ってから富士山が見え始めたので石割山登山を開始
二十曲峠から少し登った所に夫婦松
DSC_3399.jpg
二十曲峠からノンビリ登って1時間弱で石割山頂上に到着
先に二十曲峠から登っていた芝犬がお出迎え
DSC_3389.jpg
前回は石割神社側から登って鳥居の階段には閉口したが今回は楽々
DSC_3390.jpg
休憩しているとドンドン雲が湧いてきたので下山
DSC_3393.jpg
二十曲峠に着いた時は雲がかかってしまった
DSC_3400.jpg
下界に比べて涼しそうなのでノンビリ過ごす
5/25 二十曲峠散策
明日のパールの準備のために二十曲峠に
D3C_4417.jpg
土曜ということもあって駐車場は一杯
新しくトイレができてしかもバイオ何とかで木の香りで古いトイレとは雲泥の差
D3C_4525.jpg
眼下にはズミの花でしょうか風に煽られて白い花が舞っていました
D3C_4547.jpg
峠近くの花
D3C_4545.jpg
まだボタン桜が見ごろ
D3C_4562.jpg
モミジのトンボ
D3C_4574.jpg
冬の間は閉鎖されていた鹿留林道を散策してみる
D3C_4420.jpg

D3C_4524.jpg

D3C_4423.jpg

D3C_4424.jpg

D3C_4426.jpg

D3C_4428.jpg

D3C_4455.jpg

D3C_4459.jpg

D3C_4460.jpg

D3C_4465_20130602212056.jpg

D3C_4466.jpg
そろそろ引き返そうと思ったら林道脇でこちらを見る目
D3C_4471.jpg
カモシカとしばらくにらみ合い
突然林の中を疾走して逃げていったが向かってきたらどうしようかと一瞬心配
D3C_4482.jpg
フジアザミ?
D3C_4485.jpg
毛虫みたいに気味の悪い花
ドロノキの実のようです
D3C_4488.jpg

D3C_4489.jpg
なかなか止ってくれず飛びっぱなしのアサギマダラ
D3C_4508.jpg
一瞬近くに止ってくれた
D3C_4520.jpg
シジミ?
D3C_4537.jpg
夕方になって隠れていた富士が出てきたので明日に期待
D3C_4593.jpg
5/25 忍野
農村公園から二十曲峠に向かう途中に忍野に寄ってみる
D3C_4383.jpg
相変わらず外国語で大声
D3C_4388.jpg
でも一歩外れると静か
D3C_4378.jpg

D3C_4393.jpg
平野を通りかかると車の列
D3C_4394.jpg
何かと思ったら遠くから来て田植えを楽しんでいました
D3C_4410.jpg
こちらは田植えの体験実習でしょうか観光バスで来ていました
D3C_4411.jpg
5/25 農村公園
おなじみの農村公園の朝
D3C_4282.jpg
紅を期待するが期待外れの連続
D3C_4296.jpg
ここの田植えは始まったばかり
D3C_4308.jpg
富士山の農鳥
D3C_4318.jpg
ノンビリしていたら霧が立ち込めてきた
D3C_4324.jpg
富士山と田んぼの間だけに霧を期待したがそうはうまくいかず
D3C_4340.jpg
ここではツツジが見ごろ
D3C_4346.jpg

D3C_4364.jpg
逆さ紅富士を期待して日の出前に農村公園に着いたが今回もダメ
そろそろ雪もなくなるので今年の逆さ紅はもう無理かも
5/22 くりはま花の国
くりはま花の国のポピーがやっと見ごろを迎えていました
D3C_4159.jpg

D3C_4160.jpg

D3C_4162.jpg

D3C_4166.jpg

D3C_4184.jpg

D3C_4197.jpg

D3C_4201.jpg

D3C_4206_20130524174218.jpg
突然現れた三脚の集団
D3C_4218.jpg

D3C_4228.jpg

D3C_4242.jpg
まだつぼみも多くしばらくは楽しめそうです
5/11 藤岡ふじまつり
明日まで藤岡ふじまつりが行われていると聞き小雨まじりだったがでかける
D3C_4064.jpg

D3C_4066.jpg

D3C_4067.jpg

D3C_4070.jpg

D3C_4073.jpg

D3C_4078.jpg

D3C_4083.jpg

D3C_4088.jpg

D3C_4100.jpg

D3C_4102.jpg

D3C_4105.jpg

D3C_4106.jpg
モデル撮影会とかがあったりしてカメラを持った人たちはそちらの方に行っていて邪魔にならなく助かった
藤色だけでなく白やピンクや八重など種類も多く目と香りを楽しませてくれた
それよりもこれだけ沢山咲いているのに駐車場も入場料も無料なのが嬉しい
5/8 ダブルダイヤ(仁杉)
朝からピーカンでダイヤモンド富士日和?
ポイントとして滝ノ上を調べていたが風が強くダブルになるような田んぼがなく残念
風がある場合風上に建物や木があってかつ小さい田んぼが適しているようで
結局仁杉の公民館近くの田んぼへ
D3C_3802-1728.jpg
ドッキング?
眩しくてよく見えません
D3C_3818-1734.jpg
17:37
光芒もバッチリのダブルダイヤモンド富士をゲット
D3C_3897-1737.jpg

D3C_3964-1738.jpg
日が暮れて滝ノ上に戻るとダブルの吊るし雲と少し夕焼け
D3C_4036-1823.jpg
御殿場で田んぼに映るダブルダイヤが撮れるまで頑張るつもりでしたがこれで帰ることができました
5/8 御殿場の逆さ富士
小山から御殿場で田んぼに映っている逆さ富士を探す
まずは中丸
D3C_3739.jpg
ついで大堰での電柱通りを左から
D3C_3756.jpg
右から
D3C_3759.jpg
山之尻のグランド
D3C_3762.jpg
茱萸沢
D3C_3768.jpg

D3C_3770.jpg
体育館脇から
D3C_3786_20130524004240.jpg
思いつくまま御殿場の田んぼをはしご
一日天気が良く田植えをしたばかりでよく富士山が映っていました
5/8 小山町の棚田
小山町竹之下の馬伏川沿いの棚田を是非一度見たく川の流れから推定して左の道を下ってみた
D3C_3546_20130523180017.jpg
川の出っ張りは同じようだがどうも違う
D3C_3547.jpg
高い場所に移動しても隠れるだけ
D3C_3548.jpg
駐車している所に戻ってみると棚田の中に人が見えたので行って見たら
あぜ道から突然出現した絶景
D3C_3565.jpg
立っているところは侵食されて崩れるかもしれないようなスリルを味わえるような場所
D3C_3567.jpg

D3C_3682.jpg

D3C_3698.jpg
駐車場所に戻る途中の田んぼは田植えの最中
D3C_3576.jpg
昔はもっと細かい棚田だったらしいが整地して大きくなったらしい
D3C_3586.jpg
来る途中で見かけた近くの田んぼを見てまわる
まるで盆栽みたいな風景
D3C_3588.jpg
降りてみるとキジが散歩
D3C_3622.jpg
シロサギは見つかった途端に飛び立ってしまった
D3C_3673.jpg
先月のダイヤで阿多野貯水池に行く途中で気になった小山町図書館脇の水田に寄ってみる
D3C_3723.jpg
傘雲
大きくなってくれません
D3C_3715.jpg
道祖神でしょうか
富士山を見ながら何やら話が弾んでいるようです
D3C_3728.jpg
246(右奥)からすぐの所にこんな景色の良いところがあるのにびっくり
D3C_3735.jpg
5/8 御殿場の朝
昨日の雲がうそのように晴れ渡った空
D3C_3487.jpg
とクッキリ富士なので滝の上の田んぼで逆さ富士を撮りに行く
D3C_3495_20130522221609.jpg
紅を期待したが少し
D3C_3508.jpg
陽が刺し土手が色づく
D3C_3523.jpg
日の出
3ヶ所の田んぼから太陽が反射
D3C_3531.jpg
電線が気になるが何とか頑張って見ごろの芝桜
D3C_3538.jpg
風もなく穏やかな朝で綺麗な逆さ富士と朝日を見ることができ早起きして得な気分になりました
5/7 晴れのち曇り
月の後にミルクランドで待機しているとおなじみさんと出会う
出る場所に雲が掛かるが
D3C_3249.jpg
バッチリ剣が峰からの光芒
DSC_3269.jpg
おなじみさんにお願いして今宮の茶畑に連れて行って戴く
D3C_3370.jpg
茶畑の向こうに富士
D3C_3313.jpg
茶畑の向こうに行ってみたい衝動に駆られるが入ることが出来ないので邪魔物にならず返ってよいかも
D3C_3368.jpg
茶畑の後に富士川河川敷に行く
工事が終わっていたので鉄橋の下に富士を入れることが出来るようになったがが構図タイミングが難しい
D3C_3391.jpg
何度も練習をするが段々疲れて緊張感がなくなる
段々雲が出てきて富士が隠れはじめ挙句にDYの時間に来たのは白い電車
良い練習になりました (・_・、)
DSC_3289_20130522122501.jpg
御殿場に向かう途中の通った今宮の北の新芽の茶畑の緑が眩しい
D3C_3483.jpg
御殿場滝之上での夕方
ダイヤは完全に撃沈
D3C_3484.jpg
御殿場では夕方雲が出ることが多く風もあって田に映るダイヤは難しそう
5/7 26.7の細い月
3時過ぎに荻平公民館の南のポイントに到着
既に2台ほど車が来ていたが予想より少なかったので安心して車を停めて待機
4:16
富士山に雲もなく月が出始める
D3C_3130.jpg

D3C_3145.jpg
4:17
影の部分が薄い
D3C_3160_20130518215434.jpg
政宗
D3C_3184.jpg

D3C_3190.jpg
日の出(04:43)に対して25分前と遅く残念ながら影の部分が薄かったが何とか剣が峰にかかる細い月をゲットできた
5/6 猪之頭の田んぼ
昼間暑いといつものように陣場の滝で避暑
D3C_2704.jpg
食後の胃のこなしに猪之頭を散策
公園脇のこいのぼり
水を張った田んぼが池のように逆さ富士を映す
D3C_3023.jpg
いつか見てみたいな~と思っていた田植えごろの棚田
D3C_3030.jpg

D3C_3032.jpg

D3C_3033.jpg
田植えの準備中
D3C_3034.jpg

D3C_3042.jpg
あぜ道に生え始めたタケノコ
D3C_3046.jpg
水を張った田んぼと雪を被っている逆さ富士と青い空を見ながらの散歩は気持ちが良い
D3C_3053.jpg
帰りに寄ったお寺のしだれ桜はまだ花が残っていた
予想外の花見を楽しむ
D3C_3079.jpg

5/6 ダイヤ(広見)
朝3時 富士山は見えず 上空の星が薄く見えるだけで細い月は期待できないがとりあえず荻平のポイントに向かう
休日というものの天気が悪いので誰もいない
時間を過ぎてやっと雲の間から月 でも富士は見えず
D3C_2855-0346.jpg
羊の牧場そばで休んでいると急に富士山が見え始めた
それまであった雲が急になくなkり月も見え始めた
残念
D3C_2867-0404.jpg
雲もなくなって晴れてきたので広見入り口のガソリンスタンド裏でダイヤモンド富士を
D3C_2887-0605.jpg
ここでも誰もいなくどうなってんだろう
DSC_3193-0605.jpg
月のついでとはいえ期待どおりのダイヤモンド富士をゲット
DSC_3200-0606.jpg
朝早いとまだ寒く気づくと冬用の格好になっていた