プロフィール

Author:ワカ
生息地:横須賀
行動パターン:天気が良く、暖かい日にタンデムで出没することが多い 暑さ寒さに弱い
~~~~~~~~~~~~~
画像をクリックすると拡大して見ることができます

QRコード

QR

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

きまぐれ日記
10/31 八lヶ岳倶楽部の紅葉
美し森でお話ししている時に八ヶ岳倶楽部のモミジが丁度見ごろだと聞き捜して見に行く
お話しの通り見事な紅葉
D3C_3308.jpg

D3C_3328.jpg

D3C_3313_201311212221592e6.jpg

D3C_3326.jpg

D3C_3314.jpg
中庭に入ってみるとここも見事
D3C_3319_201311212222045be.jpg

D3C_3322.jpg

D3C_3324.jpg
目の保養になりました
10/31 東沢大橋とまきば公園
美し森から少し行ったところの駐車場に沢山の車
東沢大橋(赤い橋)の展望台
D3C_3264.jpg
何も予備知識もないまま来たこの場所
D3C_3275.jpg
青空と紅葉に映える大橋と八ヶ岳
素通りするところでした
D3C_3276.jpg
さらに進んだ所にあるまきば公園
D3C_3291.jpg
やぎの先導で草を食べる羊の集団
D3C_3298_20131121201526cca.jpg
日差しが強い清里の高原でノンビリお散歩
D3C_3307.jpg
10/31 美し森
富士山が見える場所を探しに美し森駐車場に寄るが展望台にどう行けば分からなく
もっと高い所に行けば眺望が良くなるかと思ってスキー場の駐車場に行く
チラシの写真と違ってどうも下が開けていなく場所が違うようだ
D3C_3194.jpg
スキー場を登ってみる
D3C_3195.jpg
富士は見えるが視界が広がらない
D3C_3197.jpg
赤岳がすぐそば
D3C_3203.jpg
頂上の小屋が手に取るよう
D3C_3207.jpg
スキー場の駐車場から下りる途中に美し森ファームの看板と共に展望台近道とあったので行ってみる
車を停めて下っていくと突然お店
アイスクリーム250円団体200円学生150円?
ツアーのお客さんで賑やか
黙っていたらアイスは200円でした
D3C_3225.jpg
美し森の先には赤岳と横岳
D3C_3222.jpg
木道の先に富士山
残念ながら霞んで映らず
チラシの場所のようだ
結局最初の駐車場から上ったところのようだ
D3C_3217.jpg
ファームに帰る途中に羽衣の池の看板
どのくらいかかるか分からなかったが行ってみるとこれが大変
D3C_3231.jpg
やっと着いた池
D3C_3233.jpg
池というので行ってみたが沼
D3C_3236.jpg
水溜り
D3C_3240.jpg
時間だけはたっぷりあるので足の向くまま
でも思った以上に疲れた
10/31 平沢峠の朝
未明に平沢峠(獅子岩)の駐車場で待機し朝焼けを待つ
雲が少し色づく
D3C_3126.jpg
日が当たり始める
D3C_3133.jpg
主峰赤岳と横岳
D3C_3142.jpg
大昔に右から左に縦走したことを思い出す
D3C_3158.jpg
着いた時には気づかなかった獅子岩に登ってみる
D3C_3165.jpg
日の出
D3C_3168.jpg
電波望遠鏡
夜はこんなに沢山あるとは気づかず
D3C_3170.jpg
紅葉に日が当たって真っ赤
D3C_3174.jpg
南アルプスの北岳と間ノ岳
D3C_3175.jpg
眺望を楽しんだ後はベタだがJR鉄道最高地点に
D3C_3180.jpg
丁度電車が通過
D3C_3185.jpg
10/30 野辺山
ノンビリしていたら小海線野辺山駅に着いたのは夕方
D3C_3088-1638.jpg
初めて?もし来ていたとしても40年以上も前のことなので全く面影はないはず
D3C_3089.jpg
駅のポスターで見た野辺山電波望遠鏡の夜景が見られるかと思って寄ったが夜間は立ち入り禁止
入り口から奥の明かりだけ撮る
D3C_3108.jpg
パンフレットを見ていて明日行く予定にしたしし岩なる所を探しに夜のドライブ
それらしき所に着いた駐車場から八ヶ岳が一望に
D3C_3105-1924.jpg
思わぬ発見に寒さを忘れる
10/30 松原湖
小海線沿線を走っていて松原湖の看板が出ていたので寄ってみる
D3C_3073.jpg
丁度紅葉が見ごろ
D3C_3069.jpg

D3C_3072.jpg

D3C_3078.jpg

D3C_3082.jpg
ここも名前は聞いたことがあるが見るのは初めて
落ち葉の踏みしめる音を聞きながら紅葉を楽しむ
10/30 神津牧場
下仁田から佐久に抜ける途中の神津牧場に寄ってみる
D3C_2918.jpg
名前だけはよく知っていたが行くのは初めて
なだらかな高原の上をイメージしていたが陽だまりの谷間にあった
D3C_2920.jpg
立ち入りが自由
D3C_2922.jpg
紅葉が丁度よい
D3C_2926.jpg

D3C_2975.jpg
時間があったので裏山まで登ってみた
D3C_2948.jpg
浅間の眺望よい
D3C_2950.jpg
ぐるっと一回り
D3C_2953.jpg
生まれたばかりの子牛
近づくと人間が珍しいのか小屋から出てきた
D3C_2962.jpg
出産間近の牛は陽だまりでノンビリ
D3C_2973.jpg
歩き疲れたのでアイスを
濃厚な味に満足
D3C_2978.jpg
牧場を過ぎた所に風穴があるというので行ってみた
D3C_2991.jpg
懐中電灯を持っていったがどうも様子が違う
穴といっても横でなくどちらかといえば縦
岩の隙間から冷気が流れてくる
D3C_2996.jpg
養蚕が盛んなときにこの冷気を使って蚕を育てていたようだ
富岡製糸工場の世界遺産がらみでここも対象に入れているようだ
D3C_2983.jpg
1時過ぎに牧草地から牛が帰ってきた
D3C_3001.jpg
時々人間に向かってくる牛もいるがフェイントみたい
D3C_3005.jpg
人間にリードされることなく勝手に牛舎に帰っていく
D3C_3015.jpg
牛舎は2ヶ所あるがチャンと自分の牛舎が分かるみたい
D3C_3020.jpg
それにしても100頭くらいの牛が整然と行列をつくる姿に感心
D3C_3024.jpg
お乳を搾って欲しいのでしょう
D3C_3028.jpg
遅れて一番最後の牛
足が悪いらしく急き立てられてやっと帰ってきた
D3C_3030_20131115213021a15.jpg
貴重な行列を見られた
国道に戻る途中に荒船山のビューポイントを見っけ!
D3C_3045.jpg
10/24 朝焼け
群馬での朝焼け
D3C_2881-0551.jpg
もっと高台から撮りたかったが時間がな
D3C_2883-0554.jpg
日の出前のスペクタクル
D3C_2885-0555.jpg
10/23 一之宮貫前神社
妙義からの帰りに一之宮で見かける大きな鳥居
車を停めて坂を登る
D3C_2863.jpg
すぐ神社に着くかと思ったが予想以上に疲れた
しかも門の両脇に駐車場があった
D3C_2878.jpg
総門
D3C_2864.jpg
眼下に楼門
「下り宮」・「下り参りの宮」というそうだ
D3C_2867.jpg
大きな楼門の屋根で本殿を見下ろすことはできないようになっている
D3C_2868.jpg
楼門の中の拝殿 本殿
D3C_2875.jpg
残念ながら工事中で幌が邪魔
D3C_2876.jpg
行きは良い良い
帰りは‥
結局上って下って参拝
上って下って帰ることになるので普通の神社の倍
D3C_2874.jpg
でも門より下に拝殿がある神社は初めてで貴重な体験をした
10/23 妙義神社
道の駅みょうぎ
残念ながら今回も天気が悪く妙義山が見えません
D3C_2768.jpg
妙義神社へ
D3C_2774.jpg
波己曽社社殿(旧妙義神社社殿)
D3C_2786.jpg

D3C_2787.jpg

D3C_2791.jpg
太鼓橋と百六十五段の参道石段
D3C_2785.jpg
前回は工事のため入れなかったので上るのは初めて
D3C_2797.jpg
唐門
D3C_2801.jpg
唐門の天井に描かれている龍
D3C_2804.jpg
やっと見ることができた本殿
D3C_2808.jpg

D3C_2816_2013111320574281d.jpg

D3C_2817.jpg

D3C_2820.jpg
各所に見られる菊のご紋
D3C_2821.jpg

D3C_2837_20131113214002a03.jpg

D3C_2829.jpg

D3C_2831.jpg
豪華絢爛さに圧倒される
D3C_2848.jpg
妙義山パノラマパークに寄ってみたがドンドン天気が悪くなる一方
D3C_2857.jpg
妙義山が見えないのはまた来いということらしい
10/18 山中湖
予報では曇りだったが帰る途中なので山中湖で朝焼けを待つが本当に曇りで富士は見えず
文学の森公園を散策しながら秋を探す
D3C_2676.jpg

D3C_2665.jpg

D3C_2668.jpg

D3C_2670.jpg

D3C_2675.jpg
きらら脇に戻っていると富士山が見え始めた
D3C_2681.jpg
でも突然撮影隊が押し寄せ静かだった湖畔が慌しくなる
D3C_2720.jpg
暇なので見て楽しんでいました
D3C_2710.jpg
夕方になって日も照ってきだしたので散歩がてらダイヤのポイントまで行く
見事に誰もいない
D3C_2733.jpg
予想どおり雲に隠れる
D3C_2741.jpg
昨日の予報は晴れということで猪之頭公園ではパール待ちの人で混雑したが厚い雲で撃沈
今日の予報は曇りということでみごと的中
期待どおりにはいきません
10/16 台風一過も残念
台風26号が早朝に通り過ぎて午後は晴れという予報なので台風一過の快晴を期待して富士遠征に
昼前でも波が荒い
P1050102-1123.jpg
防風林を超えてくる飛沫で先がモヤっている湘南の道路
P1050120-1134.jpg
西湘バイパスが高波で交通止めなので遠回りして裾野に
普段は夜しか通っていないので久しぶりに昼間見る演習場では戦車が訓練中
D3C_2549.jpg
ススキが銀色になびいている
D3C_2553.jpg
何とかパールのポイントの人穴の広見育成牧場脇に着く
抜けるような青空に期待大
D3C_2555.jpg
でも風が強く次から次に押し寄せる雲にパール富士は撃沈
D3C_2562-1553.jpg
それでも一瞬剣ヶ峰が見え月も
D3C_2568-1639.jpg
雲に浮かぶ城と月と言った感じ
D3C_2577-1640.jpg
夕焼け時のは完全に雲の中
D3C_2631-1703.jpg
パール富士は見られなかったが一瞬でも月と剣ヶ峰が見られただけでも遠征した甲斐がありました
10/13 花の国
台風で壊滅状況になったくりはま花の国のコスモスも四分咲きまで回復
D3C_2457.jpg
休日で陽気も良く楽しむ家族づれ
D3C_2422.jpg

D3C_2444.jpg

D3C_2463.jpg
すずめの大群
D3C_2472.jpg
カメラマンの大群
D3C_2434.jpg

D3C_2478.jpg
ジャコウアゲハ
D3C_2510.jpg
ほとんど羽を開くことのないアカタテハ
D3C_2519.jpg

P1040979.jpg
折角なので川柳コンクールの応募もしてきました
10/8 金星と月
日没後の三日月と金星
D3C_2312.jpg

D3C_2315.jpg
暗くなると建物のシルエットが出なくなるので夕暮れの一瞬のできごと
10/3 秋の農村公園
朝のうちは見えていた富士も雲の中に
農村公園まで来たらつかの間だけど頂上が見えてきた
D3C_2182.jpg
田んぼは黄金色
D3C_2184.jpg
天日干しは手間がかかるが美味しいお米ができるでしょう
D3C_2190.jpg

10/3 忙しい朝
未明になるさわを出発した時は富士が見えていたが人穴に着いた時は霧で何も見えず
諦めていたら霧が晴れ富士も見え朝焼けに
D3C_1971-0454.jpg
でも月は現れず
大分経ってから
D3C_1983-0508.jpg
雲の切れ間から
D3C_1993-0509.jpg
27.6の月
うっすらクレータが見えていただけに残念
D3C_2000.jpg
もう一度焼け始めたのでダイヤの場所のさわやかパーキングに
P1040784.jpg
パノラマで
P1040783.jpg
ダイヤを待つが雲が多すぎ
D3C_2093.jpg
ティアラ狙いは無理
D3C_2099-0641.jpg
月みたいな太陽
D3C_2141-0642.jpg

D3C_2143.jpg
場所を移動しながら
D3C_2146-0643.jpg

D3C_2149.jpg
本当に太陽と言わないと月に間違えられる
D3C_2170-0644.jpg
ずっと天気が悪かったので期待したが思うようになりませんでした
10/2 山中湖
通勤時間帯を避け朝少し早めに出発し山中湖に
午前中の天気は期待してなかったが雲の間から覗く富士
D3C_1881.jpg
湖畔は少し色づきはじめ
D3C_1897.jpg

D3C_1902.jpg
花の都に寄ってみるとソバの花が満開
D3C_1918.jpg

D3C_1912.jpg
頑張ってまだ咲いていた百日草
D3C_1926.jpg
前回来た時は台風で倒れ散々だったヒマワリが元気に咲いていた
D3C_1932.jpg

D3C_1937.jpg

D3C_1944.jpg
夕方 山中湖畔に戻って台風一過の夕焼けを期待したが残念