プロフィール

Author:ワカ
生息地:横須賀
行動パターン:天気が良く、暖かい日にタンデムで出没することが多い 暑さ寒さに弱い
~~~~~~~~~~~~~
画像をクリックすると拡大して見ることができます

QRコード

QR

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

きまぐれ日記
5/28 ダイヤモンド富士(御殿場)
須走まで下りてきてノンビリしていたらそれまで懸かっていた雲がなくなって頂上が見え始めた
ダイヤモンド富士は予定になく事前調査はしていなかったので慌ててポイントを探す
取り敢えず行ったことがないが富士山が見えそうな御殿場中央公園にギリギリに到着
D4C_2728-1746.jpg
手前の木が邪魔で眺望がイマイチ
D4C_2740-1752.jpg
遊具の上に登って手持ちで撮影
D4C_2758-1754.jpg
17:55
ダイヤモンド富士をゲット
D4C_2775-1755.jpg
沈む寸前の光芒
D4C_2787-1755.jpg
眩し過ぎたので中央に沈む場所で丁度良かったみたい
D4C_2791-1755.jpg

D4C_2794-1755.jpg
焼けそうな雰囲気があったので前回は田植えをしていなかったパレット御殿場に行ってみることに
D4C_2806-1823.jpg
風が強く富士も電車も田んぼに映らず
D4C_2824-1834.jpg
結局離れた田んぼで逆さ富士を撮ることに
D4C_2835-1841.jpg
富士山の上の雲が少し焼けたが
D4C_2848-1855.jpg

D4C_2851-1856.jpg
頭上の方がよく焼けたので富士宮方面からは紅富士と夕焼けが撮れたでしょう
D4C_2847-1855.jpg
夕焼けもあっという間に消滅
薄暮の御殿場線を撮って遠征を終了
D4C_2864-1904.jpg

5/28 幻の滝
須走口五合目
青空を期待して一日延ばしたが裏目に出てガス
お店の勧誘で少し通り辛い
D4C_2633.jpg
小富士を目指す
根が地表を張って痛々しい
D4C_2639_20140609064159707.jpg
まだ雪が残っている所や雪で折れた枝が沢山
D4C_2643.jpg
団体さんが来ていたので追い越して小富士へ
D4C_2648.jpg
お昼を摂りながら待つが頂上は見えず
D4C_2651.jpg
先に戻っていた団体さんの脇を通ってお店の前をすり抜け駐車場に戻りまぼろしの滝に
D4C_2656.jpg
最後のきつい登りを過ぎると森林限界
養分や水分のない砂岩の中で頑張るイタドリや
D4C_2716イタドリ
コタヌキランの花
D4C_2714コタヌキラン
砂の下には雪
D4C_2715_20140609064728d94.jpg
程なく雪渓に
D4C_2665.jpg
去年来た時は残雪という感じの雪渓が谷一面に
D4C_2668.jpg
滝があった所が雪渓になって下を水が流れているので滝は見えず
D4C_2675.jpg
滝の音が聞こえても雪渓の下に潜り込み
D4C_2696.jpg
雪崩の跡などを抜けて雪渓の上に行きやっと滝に
D4C_2684.jpg
水量はたっぷり
D4C_2694.jpg
上の雪渓を登っている途中に一瞬だけ見えた頂上
登れば登るほど滑りそうになったので途中で諦めて引き返す
D4C_2693.jpg
上から見下ろす雪渓
D4C_2698.jpg
登る途中では霧で見えなかった滝
D4C_2704.jpg
去年見た大きな滝は雪渓の下で本当の幻になっていた
5/28 山中湖
農村公園から山中湖に向かうと予想通り山中湖は霧の中
パノラマ台も霧が懸かっていたのでその上に
D4C_2544.jpg
霧の上のホテル
霧の懸からないいいロケーションに建っていることに感心する
D4C_2550.jpg
目の高さまで霧が上がってきたがそこまで
D4C_2563.jpg
山中湖の霧が晴れてから湖畔に
D4C_2592.jpg
4日前に見たズミは満開になっていたが左側は花芽がなく残念
D4C_2625.jpg
昨日より天気が良いような予報だったがどうも富士は雲が多くそうでもなさそう
5/28 農村公園
二日連続の農村公園の朝
今朝は昨日よりは良い天気だろうと日の出前に到着
雲が出ていたが何とか紅富士に
D4C_2484-0434.jpg

D4C_2486-0436.jpg

D4C_2506-0445.jpg
ほどなく忍野の方から山を越えた霧が押し寄せてきた
D4C_2507-0447.jpg
霧で富士山が見えなくなると困るが
手前の家などの人工物が霧に消えるのを待つ
D4C_2539-0523.jpg
幻想的な霧に浮かぶ富士山
D4C_2537-0521.jpg
ほんの一瞬だったが紅富士を撮ることができ待った甲斐がありました
5/27 農村公園
夜降っていた雨が上がるのは午前中の予想だったのでノンビリしていたら日の出前に上がっていた
急いで農村公園に
でも富士は見えず朝焼けもなし
待っている間に周りの山の雲がどんどん引いていく
D4C_2265-0602.jpg
富士も見えだした
D4C_2271-0626.jpg
5月11日に来た時に均していた田んぼはまだ田植えをしていない
ビニールハウスで作っている苗がまだなのでしょう
D4C_2300-0712.jpg
その時植えた稲は随分と成長
D4C_2304-0714.jpg
駐車場にいると何やら慌しいので近くに移動
藤の花を見っけ
D4C_2324.jpg
駐車場には東京から来た小学校の観光バスが2台入ってきた
田植えの体験実習でその準備で慌しかったようだ
D4C_2342-0927.jpg
最初は田んぼに入るのをちゅうちょしていたがすぐ慣れたみたい
D4C_2343.jpg
見ていたら消防車のサイレン
段々近づきすぐ近くの病院まで来たので病院がボヤかと思ったが消防活動もせず
D4C_2345-0934.jpg
しばらく経ってドクターヘリ
D4C_2364-0952.jpg
一旦ストレッチャーで何か運んだが再び戻って同じストレッチャーを積み
D4C_2391.jpg
飛び立って行った
何があったのか知れないがドクターヘリを真近に見るのは初めて
D4C_2425-1021.jpg
子供たちが植えた田んぼ
機械で植えたのより味がある
D4C_2452-1027.jpg
夕方までいて焼けるのを待っていたが西の方は黒い雲で諦めて道の駅富士吉田に
暗くなってから富士が焼けているのに気づく
D4C_2471-1851.jpg
まさか
焼けないだろうと油断していた
5/26 芦川のすずらん
芦川のすずらん群生地へ
今日から新御坂トンネルの天井板撤去工事で河口湖から芦川に抜ける若彦トンネルが迂回路になっているが
混雑するかと思ったが普段ほとんど車が通っていなかったトンネルが普通になっただけ
D4C_2218.jpg
昨日まですずらんの里祭りが行われていて混雑しただろうが今日は誰もいない
D4C_2187.jpg
日本すずらんは思った以上に小さく咲いているのも下の方だけ
D4C_2209.jpg
数本咲いているところを捜すのが大変
D4C_2192.jpg
年々少なくなっているのは気のせい?
D4C_2204.jpg

D4C_2206.jpg

D4C_2210.jpg
すずらんよりイカリソウの方が目立つ
D4C_2188イカリソウ
駐車場から見える南アルプス
D4C_2215.jpg
来る途中にいつも素通りしていた芦川の村を散策してみる
D4C_2225.jpg
茅葺きの屋根と石垣
D4C_2229.jpg
兜造り茅葺古民家藤原邸
D4C_2232_201406042243346bf.jpg
閉まっていて中を見ることはできなかったが裏には水車
D4C_2238.jpg
マンホールにもすずらん
D4C_2241.jpg
道路脇に軒を並べるトタンを被せた茅葺き屋根
D4C_2246.jpg
傘より大きいフキ
D4C_2247.jpg
トンネルができるまでは行くこともできなかった最奥の村
それにしても村人に全然会わずどこに行った?
5/26 26.9の月
今日の逆三日月はできるだけ富士山より遠い所が良いので田貫湖近くに第一候補を捜していたが
田貫湖は夜中から雨
朝になっても霧雨でとても月が見える感じでないのでフテ寝するつもりだった
でも折角なので昨日調べた4ヶ所のポイントをチェック
当然第一候補は霧雨
富士山に行くに従って時々霧が晴れ
広見まで行くと道路が乾いていて富士に一番近い第四候補の高梨牧場の奥まで行くと富士が見えていた
しかも富士の右から金星が出てきたので期待十分
あまり離れていないのに雨の田貫湖とは雲泥の差
D4C_2080-0406.jpg
でも肝心の時には金星も消え月は出ず
しばらく経ってから雲の上から微かに月が見え始めたが既に遅し
D4C_2130-0421.jpg
朝焼けの雰囲気なのでその場で待機
D4C_2156-0436.jpg
でも霧に覆われはじめて富士が見えなくなったので高梨牧場までくると再び富士が見え始める
先ほど月を撮っていたところは霧の中
D4C_2172-0456.jpg
上に行っても下に行っても霧
D4C_2178-0500.jpg
今回の逆三日月は惜しいところで撃沈
5/25 猪之頭
明日の月のポイントを探しながら人穴から広見の高梨牧場の奥まで数ヶ所現地調査
道路脇に広い空き地があったので朝食をしながら富士をノンビリ見ていた
D4C_2036.jpg
そこへ一台の軽が来て停まる
それを始めにドンドン来るは来るは
なんのこっちゃ
同じような格好をした人が乗った車が集まって20台以上
鉄砲まで持ち出してきた
それで納得
静かだと思っていた場所が偶然集合場所になっていた
食事もそこそこに退散
P1200960.jpg
花が咲いていないか小田貫湿原に
富士は見えなく花もなく
一応月の位置を測ってみるが田貫湖との間みたいで良い場所がない
D4C_2048.jpg
ノンビリしようと田貫湖にいってみると駐車場もテントサイトも一杯
D4C_2049.jpg
陣馬の滝に寄って
D4C_2060.jpg
猪之頭の田んぼを散策
田植えをしない田んぼが増えていてガッカリ
D4C_2051.jpg
休日なのに飛んでいるパラグライダーが少ないと思っていたら一人飛び立つ
一人では写真にならないので写真も撮らず散策を続けていた
次の瞬間にさっき見ていたパラグライダーの翼が縦に一本になってくるくる廻りながらすぐそこの森の向こうに落下
まさか?
D4C_2055.jpg
出発点では沢山の人が下を見ていたが程なく何もなかったように飛び始めたので無事だったのかな~
D4C_2057.jpg
夕方になって人が少なくなった田貫湖へ
見えなくなっていた富士が少し見えるようになったが焼けず
D4C_2063_20140603011610604.jpg
夜になって道の駅あさぎりにいた友人と田貫湖の駐車場で出会う
昼間のパラグライダーの話をすると
道の駅あさぎりではドクターヘリが来て顔までファスナー付のカバーで覆われた患者が運ばれたそうな
5/25 ダイヤモンド富士(風の湯北)
雲が多いが一応富士が見えるのでダイヤの風の湯の北へ
D4C_1964-0517.jpg
いつまで経っても良くならずティアラは無理そう
D4C_1972-0552.jpg
いつ出始めたのか分からず光芒はゼロ
D4C_1981-0553.jpg

D4C_2015.jpg
パールみたいなダイヤモンド富士
DSC_5707_2014053118260604f.jpg

D4C_2023.jpg
逆三日月のついでに寄ってみたが頂上が見えていたので良しとしましょう
5/25 25.9の月と富士
道の駅あさぎりを2時半に出発
霧が濃くトロトロ運転で前日下調べした萩平公民館の南の久保田牧場入り口の看板近くで停める
3時前だが暗闇に3台くらい待機しているようだ
時々霧が薄くなるが真っ暗で何も見えず
ピントを合わせたくても富士も星も見えず
適当に∞の少し手前にしてダメモトで待機
時間になってぼんやり何やら光っているので感度や露光時間を変えながら挑戦
偶然カメラに映った画像を確認してみると既に月が出始めていた
D4C_1937-0328.jpg
通常なら影の部分が映るはずだが明るい部分すら暗い
D4C_1943-0329.jpg
肉眼では全く見えないのでカメラに映った画像で確認
D4C_1945-0330.jpg
3:30
剣ヶ峰にかかる逆三日月
D4C_1946-0330.jpg

D4C_1949-0330.jpg

D4C_1951-0330.jpg
撮れないとあきらめていた逆三日月
霧のお陰かもれた光で剣ヶ峰が浮き出てくれた
朝早く起きた甲斐がありました

25.9の月
3:30(日の出4:30の一時間前)
5/24 忍野
久しぶりの忍野
2月末の雪の忍野以来
D4C_1838.jpg
花を捜しながら散策するが鮮やかな花がない
D4C_1841.jpg

D4C_1843.jpg
大きな声の集団がいない中池
D4C_1852.jpg
普段なら大きな声の外国語が行き交う広場だがどうしたことでしょう
D4C_1850.jpg
土曜日の朝というのに静か過ぎる
D4C_1853.jpg
いつもこうあって欲しい
D4C_1859.jpg
ツツジや藤が咲いているが富士山と一緒に映るところがない
D4C_1861.jpg

D4C_1871.jpg

D4C_1887.jpg
アヤメの咲く川沿い
D4C_1886.jpg
奥まで行ってやっと見つけた富士とツツジ
D4C_1882.jpg

D4C_1894.jpg
新緑が眩しいが木の間からしか見られない忍野の富士
5/24 きららの白い花
まだ朝もやの残っているきららに
D4C_1791.jpg
白鳥もノンビリ
D4C_1792.jpg
風もなく静か
D4C_1802_20140530081917709.jpg
前回来た時にあった邪魔な旗はなくなっていた
D4C_1804.jpg
駐車場の反対側で誰にも見られず満開の白い花
D4C_1835.jpg
バラ科のズミ
D4C_1808.jpg
原っぱのズミは何故か右半分しか咲かずしかも一寸早い
D4C_1830.jpg
遠征の帰りには満開になっているかな~
5/24 パノラマ台上の朝
富士遠征の恒例に従ってまずはパノラマ台上で朝焼け待ち
6℃
家では冬の気温
D4C_1758-0439.jpg
焼けるのかな~と思ったが
D4C_1766-0445.jpg

D4C_1767-0446.jpg
あっけなく打ち砕かれる
D4C_1777-0459.jpg
それでも富士が見えただけでも満足しなくっちゃ
D4C_1784-0516.jpg
富士は丁度いいバランスで雪が残ってその下の緑も鮮やかに
今年の大雪のおかげ
5/18 定点の夕暮れ
ライブで富士山が見えていたので定点へ
山並みの向こうに富士山がバッチリ
D4C_1672-1819.jpg
太陽から伸びる雲の陰の光芒
D4C_1704-1833.jpg

D4C_1709.jpg

D4C_1711-1834.jpg
途中で雲に隠れることもなく山に夕日が沈むこと自体久しぶり
また富士山+夕焼けも久しぶり
5/18 花の国のポピー
くりはま花の国でのポピーまつりも終盤
土曜日ということで沢山の人出
D4C_1539.jpg

D4C_1547.jpg

D4C_1565.jpg
こいのぼりもややお疲れ気味
D4C_1570.jpg

D4C_1629.jpg

D4C_1624.jpg
ポピーは丁度見ごろでした
5/13 パール富士(富士ヶ嶺)
夜中中降っていた雨
朝になってもまだ上がらず一寸心配
JA豊茂に着いた時はまだ富士が見えていなかったが少しずつ薄くなって頂上が
D4C_1196-1027.jpg
予報どおり晴れてきた
D4C_1203-1108.jpg
JAの裏の方に一応場所を考えていたがもう少し富士寄りに場所を探す
丁度木の下で木陰で避暑を兼ねて待機
D4C_1208-1328.jpg
目の前にキジの鳴き声
D4C_1235.jpg
飛び始めたので撮ったがブレブレ
D4C_1255.jpg
富士山に雲はないが後ろの方には忍び寄る雲が上がってこないか心配
D4C_1267.jpg
今回は比較的平らな頂上なので中央狙い
D4C_1313.jpg
上がるまでじっくり時間がある
D4C_1334.jpg

D4C_1346_201405221909261e1.jpg

D4C_1364.jpg
そして中央に
D4C_1405.jpg
今回の狙いどおりだが焼けて欲しかった
D4C_1419.jpg

DSC_5695_201405221910113a8.jpg
そこに飛行機が月に向かっていくのが見えた
P1200457.jpg
そして月の中に
P1200460.jpg
トリミングで
黄色い機体の旅客機のようです
P1200461.jpg
偶然とはいえパール富士と飛行機が撮れて幸運でした
5/12 傘と吊るし雲
富士吉田で昼間まで木の陰になる所でノンビリ
富士山に傘が出来ているようだが少ししか見えなかったので農村公園に移動
D4C_1172.jpg
富士に傘雲
風下には吊るし雲
D4C_1179.jpg
画面いっぱいに広がる吊るし雲の変化を楽しむ
D4C_1181.jpg
傘の後ろの雲がなければと思ったり夕焼けで焼けてくれないかと勝手に思うが
D4C_1182.jpg
そんな気配はなし
D4C_1183.jpg
結局傘雲が大きくなり過ぎた
D4C_1185.jpg
- - - - - -
道の駅なるさわにいるともっとダイナミックな傘雲と吊るし雲が出現
D4C_1189-1719.jpg
吊るし雲の中を覗いてみたい感じ
D4C_1190.jpg
夜から朝にかけて雨の予報
その前に色々な雲の変化が見られるというが初めて体験
5/12 御殿場の朝
連日の早起き
今日は再び大堰の田んぼで朝焼けを待っていると見事
D4C_1040.jpg

D4C_1045.jpg

D4C_1048.jpg
富士も少し焼け
D4C_1070.jpg
日の出直前にはもっと上まで色づく
D4C_1072.jpg
少し雲が出ているが田植え前の田んぼを見つけノンビリ
D4C_1100.jpg
地元の先輩に教えて戴いた見ごろを見て廻る
まずは高根多目的ひろば脇のツツジ
D4C_1103.jpg
そして逆さ富士
D4C_1128.jpg
柿の木と富士
D4C_1149.jpg
高根学園裏
D4C_1147.jpg
午後から下り坂ということで曇り勝ちだったが朝焼けや紅富士や逆さ富士を見られ満足
5/11 ダイヤモンド富士(深沢)
富士吉田から西に向かう予定だったがダイヤが撮れそうだったので予定外だが再び御殿場に戻って初のポイントの深沢に
風で富士が消えることもあったが農家の方に許可を戴き土手に待機
そこへ地元の先輩が来て安心
D4C_0777.jpg

D4C_0795.jpg
ドッキング?
目が眩んで良く見えず
D4C_0833.jpg
17:47
バッチリ光芒付のWダイヤをゲット
D4C_0879-1747.jpg
風よ!!
何とかしてくれ!!
と祈りつつ
D4C_0917-1747.jpg
夕焼けまで待つが少し焼け
D4C_1016.jpg
三日続けての御殿場の田植え直後のダブルダイヤモンド富士に満足
5/11 農村公園へ
農村公園の駐車場は近くで野球大会があるらしく一杯
それでも隅っこに停めて散策
D4C_0699.jpg
丁度田植えの準備で田んぼをならしている最中
D4C_0709_20140520000804120.jpg
芝桜が寂しくなったが所々残って咲いている
D4C_0716.jpg
芝桜の中にツクシ
D4C_0738.jpg
ツツジも満開
D4C_0729.jpg
富士山と元富士山レーダードームと芝桜
D4C_0751.jpg
気候が良いので一日ノンビリ
朝一番撮った場所のならしが終わったので見に行くが風が強くブレブレ
D4C_0761.jpg
今年は農鳥の形を待つまでもなく田植えのようです