プロフィール

Author:ワカ
生息地:横須賀
行動パターン:天気が良く、暖かい日にタンデムで出没することが多い 暑さ寒さに弱い
~~~~~~~~~~~~~
画像をクリックすると拡大して見ることができます

QRコード

QR

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

きまぐれ日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イソヒヨドリ
5/24
八ヶ岳 富士 に出かける前 車庫にイソヒヨドリが出入りしていたが巣を見つけることができなっかったので
車庫のシャッターを大半閉めて出かけた
富士から帰って車庫に車を入れると前の道路にイソヒヨドリのメスが私の方を睨みつけている感じ
おかしいなと思いつつ車庫の地面を見ると枯れ草
見上げると巣ができていた
車を入れた時びっくりして飛び出したようだ
しばらく経ってひょっとして卵でもあるかなと覗いてみると
ばっちり目が合い退散
P1230048-0524.jpg
車庫に車を入れっぱなしで出入りするにも遠慮がち
- - - - - -
5/31
親鳥がいないと思って巣を覗きに行くとまた目が合った
どうも卵を温めているようだ
P1230049-0531.jpg
今晩から出かけるが車庫は開けっ放しにしなくっちゃ
スポンサーサイト
5/23 くりはま花の国のポピー
くりはま花の国のポピーを見に行く
D6C_3455.jpg

D6C_3472.jpg

D6C_3473.jpg

D6C_3477.jpg

D6C_3479.jpg

D6C_3491.jpg

D6C_3512.jpg

D6C_3526.jpg

D6C_3528.jpg

D6C_3460.jpg

D6C_3486.jpg
丁度見ごろを迎えていました
5/21 ダイヤモンド富士(ぐみ沢上区)
午後 道の駅須走で休憩していても富士は隠れたまま
ダメモトと思ってダイヤのポイントのぐみ沢上区に着くが厚い雲
D6D_4093-1730.jpg
ダイヤ時間の5分前になると雲の間から太陽
D6D_4101-1742.jpg
少しずつ富士も出てきて
D6D_4128-1745.jpg
稜線がくっきり
D6D_4143-1746.jpg
ダイヤモンド富士に
D6C_3379.jpg

D6D_4164-1747.jpg
諦めてWダイヤモンドになりました
5/21 幻の滝へ
幻の滝を見に富士山須走口5合目へ
ノンビリ登っていても体が慣れず森林限界まで息が上がる
D6C_3315.jpg
下の方は当然流れていない
D6C_3323.jpg
普段なら流れている所もダメ
しかも雪渓もなし
D6C_3331.jpg
限度まで登ってみたが滝は皆無
D6C_3325.jpg
後で調べたら今年は早く5月連休中すらもう駄目だったらしい
今回は天気もよく期待したのだが
また来い!ということでしょか
5/21 御殿場の朝
遠征帰りに小山、御殿場に
連休明けに来れなかったので遅いが朝の田植え後のW富士を撮りに
でも着実に新東名工事は進んでおり立ち入り禁止の所も
D6D_4017.jpg
芝生の土手で朝焼けを待つがそれほど焼けず
D6D_4022.jpg
薄雲が出ていて眩しくない太陽に
D6D_4034.jpg

D6D_4041.jpg
苗が低い所を捜してW富士を撮る
この景色も新東名工事で今年が最後かも
D6D_4046.jpg

D6D_4063.jpg
所々まだ田植えのしていない所もあった
D6D_4056.jpg


D6D_4067.jpg

D6D_4073.jpg

D6D_4077.jpg
日が昇ると初夏を思わせる雰囲気に
D6D_4083.jpg
今日はいつまでも富士が見えていそうな予感
5/20 パール富士(富士ヶ嶺)
昨日は富士山が見えていたのにその後ろの雲が厚く出てきたのも分からず
今日も後ろの雲が気になったが
D6D_3803-1400.jpg
青い空に富士がクッキリ
D6D_3804-1717.jpg
頂上に懸かっていた雲も去って絶好のパール日和
D6C_3177-1729.jpg
ただ西に雲があるらしく日没30分前に頂上がかげってきた
D6C_3192-1819.jpg
18:35
出てきた!!
D6C_3195-1835.jpg

D6C_3222.jpg
18:37
D6D_3899.jpg

D6C_3240.jpg

D6D_3944.jpg

D6C_3258.jpg
18:38
D6D_3969.jpg

D6C_3276.jpg

D6D_3984.jpg
日本最高峰剣ヶ峰に懸かる黄色いパール富士を撮ることができました

13.3の月
18:37(日の入り18:51の13分前)
5/18-19 精進湖
甘利山から精進湖へ
暗いが何故か安心する
D6D_3483-2158.jpg
一応夜景を撮って就寝
長い一日でした
D6D_3490-2205.jpg
- - - - - -
朝は霧で何も見えず
7時前に富士がやっと見え始め
D6D_3493-0651.jpg
車を木陰に入れて富士を見ながらノンビリ
D6D_3502-1228.jpg
よくよく考えたら木陰で富士を見ながらノンビリできる所は貴重かも
D6D_3511-1233.jpg
ただ暈(かさ)が気になる
D6D_3504-1229.jpg

5/18 甘利山
地上はあまりにも暑いので甘利山へ(分かった?)
登山口で29度だったのが駐車場は15度
さすが標高1,640m
D6D_3424-1732.jpg
頂上近くまで登ってみたがツツジは一本も咲いていない
多くは期待はしていませんでしたが一本くらいは期待したのですが
D6D_3427-1745.jpg
夕焼け待ち
D6D_3458-1845.jpg
夜景
D6D_3465-1941.jpg
思ったほど富士が見えず
明日朝まで頑張るか
駐車場には誰もいなく心細くなって撤退
5/18 釜無川からの富士
八ヶ岳から韮崎に
富士川の上流の釜無川越しに見える富士
午後になっても富士山が見えていたので寄ってみました
D6D_3416.jpg
リサイクルプラザの白い建物が残念
D6D_3418.jpg
手前の木で隠すがイマイチ
D6D_3421.jpg
河川敷でも日差しが強く29度
場所が違うけれど朝の3度で震えていたのがうそのよう
5/18 野辺山電波天文台
やっと好天の野辺山天文台
八ヶ岳もバッチリ見えています
D6D_3373.jpg

D6D_3374.jpg

D6D_3386.jpg

D6D_3387.jpg

D6D_3392.jpg

D6D_3396.jpg

D6D_3398.jpg
大きな45mのパラボラから可愛いパラボラまで観測に余念がありませんでした
5/18 ヤマナシの木(野辺山ほか)
ヤマナシの木を求めて野辺山に
野辺山には何回も来ているが晴れは初
正面に八ヶ岳が見られるとは知らなかった
D6D_3311.jpg
脇の公園で咲いていたヤマナシの木
D6D_3306.jpg
傍に似たような白い花の木があったが少し花の感じが違う
咲き始めの花がピンクでその後白い花になっているのでズミ
遠めにはヤマナシの木と間違えそう
D6D_3309.jpg
南牧南小学校前
D6D_3314.jpg
樹齢約250年の南牧村のシンボル的なヤマナシの木
昨日の雨で完全に花が散ってしまった
D6D_3315.jpg
海ノ口の牧場脇
D6D_3325.jpg

D6D_3327.jpg
途中に寄った開拓記念碑
D6D_3329.jpg
八ヶ岳に向かうどこまでも真っ直ぐな道
D6D_3332.jpg
牧草地に咲くヤマナシの木
D6D_3340.jpg

D6D_3346.jpg
近くの黄色い畑越しの八ヶ岳
D6D_3363.jpg

D6D_3366.jpg
レタス畑の中で見つけたヤマナシの木
結構花が残っている
D6D_3407.jpg
最後は萌木の里
D6D_3413.jpg
ほぼ満開
タイミングが難しい木のようです
D6D_3415.jpg

ヤマナシの木は例年より早くピークは過ぎてしまっていたが八ヶ岳と一緒に見られてよかった
5/18 ヤマナシの木(八ヶ岳牧場)
道路から八ヶ岳牧場の中にヤマナシの木が見えるのだが入り方が分からない
天女山から美し森に行くハイキングコースの途中らしいがその入り口が分からない
天女山入り口の交差点から駐車場まで何度も行き来しやっと小道を見つける
下って川の飛び石を超える
D6D_3253.jpg
やっと登った先にネットに囲まれた牧場を見つける
ヤマナシの木を見つけるが牧場を迂回するとなると相当の距離
D6D_3255.jpg
心配していると牧場を横断できる道があった
D6D_3258.jpg
両側にフェンスがあるが八ヶ岳や
D6D_3261.jpg
牧場の向こうに富士山がよく見渡せる絶景のハイキングコース
D6D_3262.jpg
牧場を過ぎるとまた下りで
また飛び石の川を横切って上りに
D6D_3265.jpg
登った先にやっと出会ったヤマナシの木
D6D_3269-0718.jpg
道路から見えたヤマナシの木だが写真で見た木とはイメージが違うがこれ以上は進むのを断念
D6D_3279.jpg
近くのまきば公園へ
D6D_3290.jpg
開いたばかりで誰もいない静かな牧場
D6D_3292.jpg
ここのヤマナシの木の花は散ったあと
D6D_3296.jpg
奥の駐車場近くのヤマナシの木は風で花が散っている最中
D6D_3291.jpg
昨日まで調べた野辺山方面のヤマナシの木を見に行くことに
途中に寄った赤い橋の展望台
駐車場にあった売店がなくなって駐車場が広くなっていました
秋も良いけれど新緑と赤い橋と青い空もいいものです
D6D_3297-0930.jpg

5/18 美し森
野辺山から急いで美し森へ
肉眼では見えないが長時間露光で富士山が浮かんできた
D6D_3111-0327.jpg
雲海もないので星を見ながら朝を待つ
D6D_3114-0330.jpg

D6D_3117-0333.jpg
背後の赤岳や横岳が色づく
D6D_3158-0438.jpg
さすが赤岳
D6D_3159-0438.jpg
日本第二位の北岳も少し色づく
D6D_3160-0439_20160529185755bec.jpg
でも富士は日の出時刻になっても赤くならず
D6D_3166-0441.jpg
日の出
D6C_3069-0446.jpg
美し森にも日が当たり始める
D6D_3187.jpg
一本だけあったヤマナシの木
D6D_3216.jpg
残念ながらピークは過ぎたようだ
D6D_3217.jpg
八ヶ岳とヤマナシの木
D6D_3219.jpg

D6D_3221.jpg
美し森から帰る途中の木道には霜が凍ってツルツル
分かっていてもスッテンコロリン
D6D_3222-0534.jpg
普通のツツジは全然咲いていないがミツバツツジが慰めてくれました
D6D_3230-0543.jpg

D6D_3240-0545.jpg
今日一日八ヶ岳が見えていそうなので急いで廻ってみようと思う
5/18 平沢峠
未明に目が覚めると晴れの予感
2時過ぎに平沢峠に着くと気温は3度
思った以上の寒さにありったけの服を着る
月が八ヶ岳の南端の編笠山の稜線に沈むところ
D6D_3093-0216.jpg
月が沈むと星空に
D6D_3102-0225.jpg
野辺山のパラボラアンテナがライトアップされていたので前から撮りたかった場所に向かう
D6D_3108-0240.jpg
5/17 千ヶ滝
ヤマナシの木の白い花を見たく昨夕野辺山に
でも曇り
少しだけ花は残っていたが
D6D_2942.jpg
悲惨な状況
D6D_2940.jpg
夜になって雨
今日は午後になって小降りになったので他のヤマナシの木の下見がてら海ノ口牧場を捜す
入り口が分からず右往左往
地図上では八ヶ岳犬の牧場になっているがやっと見つけた入り口も去年10月に移転し立ち入り禁止
HPにも観光案内地図にも載っていたのに
八ヶ岳犬の牧場(海ノ口牧場)のヤマナシの木は断念
行く途中の道路脇にあった千ヶ滝の看板を頼りに滝を見に行く
D6D_3030.jpg
雨の後のぬかるみに注意
D6D_3032.jpg
だれもいない新緑の渓流もいいもんだ
D6D_3033.jpg
最後の階段が少し頼りないが滝の音に気が焦るが慎重に
D6D_3036.jpg
目の前に瀑布
D6D_3053.jpg
昨夕からの雨で水量も増えているのか
D6D_3039.jpg
圧倒された
D6D_3051.jpg
5/14 ピラカンサスの花に
ピラカンサスの白い花に集まった虫たち
D6D_2863.jpg
ベニトゲアシカ
D6D_2873.jpg
一応飛べます
D6D_2884.jpg
ハナアブ
D6D_2890.jpg
コアオハナムグリ
D6D_2892.jpg
ヒメウラナミジャノメ
D6D_2898.jpg
ウラギンヒョウモン
D6D_2854.jpg
ピラカンサスの花の蜜を吸いに来たのでしょうが臭いは微妙
人間には異臭なんだけれど虫たちのは魅力的な臭いなのでしょう
5/11 夕焼け
夕焼けになったが定点が閉鎖されて近所に富士が見える良い場所がなく
西の方が開けた大矢部の横々を跨ぐ橋の上から
P1230021.jpg
カシミールでは頂上が少し見えるはずだが見つけることはできませんでした
P1230024.jpg

5/10 イソヒヨドリ
一ヶ月前から綺麗な声で鳴く鳥が現れた
昨日辺りから家の周りから離れなくなった
よく見るとイソヒヨドリのオス
海から大分離れているのにどうしたことでしょう
P1520609.jpg

P1520612.jpg
よくよく見ると近くにはメスもいた
どうやらつがいのようだ
P1520614.jpg
しかも我が家の駐車場にも出入りしていた
P1520615.jpg
もし巣でも作られたらどうしよう

5/4 コロコロ富士
三浦半島でのダイヤモンド富士は2日で終わったが珍しく良い天気になったので城ヶ島へ行ってみた
昨夕からの豪雨の名残でどこに行っても風が強く飛沫が飛んでくる
D6D_2473.jpg
馬の背洞門に一人ぐらい酔狂なカメラマンがいるかと思ったがさすが
D6D_2477.jpg
岩陰に隠れ潮風を避けて待機
富士も風が強いらしく笠が懸かっているがシルエットで何とか見え始めた
D6D_2508.jpg
右肩にドッキング
D6D_2564.jpg
コロ
D6D_2585.jpg

D6D_2599.jpg

D6C_3017.jpg
コロ
D6D_2695-1816.jpg

D6C_3037-1818.jpg
コロ
D6D_2746-1818.jpg

D6D_2786-1818.jpg
コロ
D6D_2810-1819.jpg

D6C_3043.jpg
コロン
D6D_2817-1819.jpg
左肩に雲が張り出していたが右肩は何もなくコロコロ富士になってくれました
5/1 城ヶ島大橋
雲が多くダメとは思っていたダイヤだが念のためと出かけた城ヶ島大橋
誰もいないかと思ったら半島のお馴染みさんはもとより遠くのお馴染みさんも集結していたのにはビックリ
そのお陰かダイヤ10分前に隙間からシルエットで富士が見え始めた
D6D_2247-1802.jpg
その隙間からクッキリ太陽も
でも富士が見えなくなってしまった
D6D_2260-1808.jpg
ダイヤ時間に微かに富士が見えたが太陽が隠れて敢え無く撃沈
D6D_2384-1813.jpg
でも夕焼けに浮かぶ富士が見えただけでも良し
D6D_2426-1820.jpg
皆さんお疲れさまでした


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。