FC2ブログ
プロフィール

Author:ワカ
生息地:横須賀
行動パターン:天気が良く、暖かい日にタンデムで出没することが多い 暑さ寒さに弱い
~~~~~~~~~~~~~
画像をクリックすると拡大して見ることができます

QRコード

QR

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

きまぐれ日記
1/31 皆既月食
今日の皆既月食はスーパー・ブルー・ブラッドムーンという立派な名前がついているらしいが
天気予報だと曇りで期待できそうもなかったが夕方になってボヤボヤながら出てきた
D8C_24141831.jpg
7時半になったら雲もなくクッキリ
撮影にはあまり乗り気ではなかったが俄然やる気スイッチがON
D8C_24431931.jpg

D8C_25182045.jpg
月食の始まり


D8C_25542104.jpg

D8C_26132138.jpg

D8C_26752143.jpg

D8C_26982145.jpg

D8C_27432151.jpg
皆既月食の始まり


D8C_27882230.jpg
22:30
月食の最大


D8C_28532306.jpg
皆既月食の終わり


皆既月食が終わる直前に雲が広がった
雲の隙間から一瞬覗いた月
D8C_28722318.jpg

曇りで見られないと思っていた皆既月食がその時間だけ雲一つない天候になってくれて感謝
1/22 雪
他地区より遅く2時ころより白いものが降り始めて3時過ぎに白くなり始めた
DSC_8892-1538.jpg
夕方には本格的になりすっかり白くなった
DSC_8912-1715.jpg
重い雪に松も折れそう
DSC_8918-1836.jpg
10時半にはすっかり上がり
DSC_8925-2226.jpg
それほど多く積もらず
DSC_8929-2226.jpg
雪よりは気温が下がって凍結が心配になった
1/16 御殿場の朝
今回の遠征では朝焼けや夕焼けを見ていないので帰る途中に道の駅ふじおやまに泊まり未明に御殿場の大堰へ
二匹目のどじょう狙い
D8D_0925-0540.jpg
月明かりもなく面白い雲が発生するわけでなく
D8D_0928.jpg
ただ寒いだけ
D8C_2280-0612.jpg
朝 少し紅になっただけ
D8D_0969.jpg
でも雪のバランスは少なくも多すぎることもなくベスト
D8D_0975-0657.jpg
明るくなったので川沿いを歩いてみる
D8C_2347.jpg

D8C_2356.jpg
変化のある景色を楽しむ
D8C_2368-0743.jpg
今夕から下り坂になるらしいが遠征中の13日から16日までずっと富士山が見えていたのは幸運でした
1/15 ダイヤモンド富士(山中湖)
今日2度目のダイヤモンド富士を狙って山中湖に
場所はずれているが湖畔に着くと氷
D8C_2087.jpg
逆さが映るところに行くがイマイチ
D8C_2086.jpg
近くを散歩しているとお正月行事の御神木の飾りと富士
D8C_2090.jpg
改めてダイヤの場所を探すと花の都の南端
D8C_2093.jpg
太陽が強すぎるが
D8C_2098.jpg
ダイヤモンド富士に
D8D_0767.jpg
今朝のダイヤモンド富士に比べると寂しい限り
D8C_2200.jpg
きららに向かう途中の長池親水公園まで来ると日が沈みかかっていたので撮影
D8D_0861.jpg
急いてきららに着いて撮影
D8D_0906.jpg
氷の溶けた場所を探しながら沈む太陽と競争
D8C_2230.jpg
入り江に着いてかろうじて間に合う
D8C_2235.jpg

D8D_0914.jpg
南端まで行き日没後の夕焼けを期待したが全く色づかず
D8C_2244.jpg
寒く誰もいないパノラマ台で夕暮れを楽しむ
D8C_2259.jpg

1/15 氷の富士山
劇的なダイヤモンド富士のあと 道の駅なるさわで休憩
斜面が光っていた
D8D_0683.jpg
荒々しさが表現できればと思い撮影
D8D_0687.jpg
条件を変えてもう一枚
D8D_0679.jpg
雪は風で飛ばされているみたいで残った氷のツルツル富士山
1/15 吊るし雲 彩雲 ダイヤモンド富士
吊るし雲を見ながら昨日平塚のMさんに教えてもらったばかりのドクタービレッジにダイヤを撮りに向かう
ナビは右だ左だといろいろ案内するが教えられたとおりに真っすぐ突き当りまで進み無事到着
吊るし雲はまだ健在
そのうちホンダのバイクのウイングマークに似てきた
というよりはギリシャ神話の「勝利の女神 ニケ」の降臨
D8C_1696.jpg
ほどなく彩雲を思わせる薄い雲の出現
D8C_1759.jpg
出たり消えたり
一瞬で変わる彩雲に目が離せない
D8C_1822.jpg

D8C_1870.jpg
コンパクトだが鮮やかな彩雲
D8C_1900.jpg

D8C_1915.jpg

D8D_0542.jpg

D8C_1924.jpg
彩雲はダイヤモンド富士までと覚悟していたら直前に納得の彩雲
D8D_0545.jpg
吊るし雲 かろうじて残ってくれた彩雲 そしてダイヤモンド富士
D8C_1976.jpg
明るくなるダイヤに反比例するかのようにドンドン薄くなる彩雲
D8C_1988.jpg

D8D_0580.jpg
とうとう消滅
D8D_0609.jpg
太陽が明るくなりゴーストが出始めたので終了かと思いきや
D8C_2002.jpg
彩雲が復活
奇跡的に旧型レンズのみはゴーストが出なく撮影に成功
D8D_0639.jpg
ダイヤと彩雲を同時に撮れたのは初めて
しかも鳥の羽根の吊るし雲つきの奇跡的体験ができ寒気も吹っ飛びました
1/15 朝焼けの吊るし雲
月を撮ったあと後片付けをしていると妙な雲
D8C_1533-0644.jpg
吊るし雲が焼けてくれている
D8C_1538-0646.jpg
ドンドン大きくなるかと思ったら
D8C_1543.jpg
小さくなったり
D8C_1551-0649.jpg
何やら動物に見えたり
D8C_1569-0652.jpg

D8C_1578.jpg
もっと広い場所に移動
D8C_1587-0657.jpg

D8C_1608.jpg

D8C_1617.jpg

D8C_1647.jpg

いつまでも綺麗な吊るし雲を見ることができました
1/15 27.9の月(天徳宮前)
朝は窓ガラスの霜を取って出発しなければならなく慌ただしいので前日にポイントへ
丁度オリオン座が富士の上にあったので撮影してから就寝
D8C_1392-1829.jpg
何故かピンボケの方がオリオンと分かる
D8C_1372.jpg
今日は富士山が見え準備が楽

望遠レンズで
D8D_0395.jpg

D8D_0417.jpg

D8D_0429.jpg

D8D_0441.jpg

超望遠レンズで
D8C_1424-0619.jpg

D8C_1429.jpg

D8C_1439.jpg

D8C_1451.jpg

D8C_1463-0620.jpg

D8C_1478-0621.jpg

D8C_1487.jpg

D8C_1489.jpg

うっすらと地球照が見えるがもう少しクッキリを期待したのだが…

26.9の月
6:21(日の出6:48の27分前)
1/14 道の駅あさぎりからの富士
大体富士山がクッキリ見えるのは朝のうち
今日はいつまでもクッキリ
D8C_1315-1233.jpg
おかげで大沢崩れにも大分日が入った富士を見ることができました
D8C_1355-1444.jpg
西の方に雲もなく夕焼けを期待したがあっけなく日没
D8C_1362-1644.jpg
一日富士山が見えていただけに儲けもの
1/14 本栖湖
今回はダイヤモンド富士の場所をあまり知らなかったので本栖湖に向かう
しかしいつものトンネル手前の駐車場は混んでいそうなので手前で撮る
D8C_1223.jpg
逆さを期待したが波が荒く
D8C_1232.jpg
残念
D8C_1267.jpg
道の駅に向かう途中の県境の駐車場が空いていたのでオマケに
D8C_1275.jpg

D8C_1283.jpg

D8C_1306.jpg
頂上から出ないとわかっていたが少しのずれは外したみたいで微妙
1/14 26.9の月
日の出の1時間以上前なので稜線が出てくれれば良いかなーと思いパールポイントの富士ヶ嶺近くの墓地前に
土曜日なので混むかなーと思い2時間前に着いて場所確保
仮眠でもするつもりだったが丁度木が間に入り場所選びとセッティングに時間を費やす
ファインd-を見ても頂上は見えずヤマ勘で
D8D_0175.jpg
望遠レンズ
D8D_0185.jpg

D8D_0228-0532.jpg

D8D_0253.jpg

D8D_0265-0533.jpg

D8D_0284.jpg

D8D_0285.jpg

超望遠レンズ
D8C_1068-0531.jpg

D8C_1076.jpg

D8C_1088-0532.jpg

D8C_1109.jpg

D8C_1121.jpg

D8C_1142-0533.jpg
5:34
D8C_1148.jpg

D8C_1150-0534.jpg
明るくすると剣が峰が飛んでしまい暗くすると稜線が見えず
結局中途半端になってしまった

26.9の月
5:34(日の出6:48の1時間14分前)
1/13 河口湖の花火
2018河口湖・冬花火の初日ということで撮影ポイントの産屋ヶ崎の駐車場が混むと思い早めに行く
何とか停められて安心
河口湖は凍っていて逆さはボケボケ
D8C_0842-1041.jpg
その氷も風で流されて消滅
早めに着いて暇かと思ったが知り合いや花火待ちのカメラマンや観光客などで飽きない
D8C_0845-1124.jpg
一時雲が出始めて心配したが
D8C_0847-1142.jpg
ピーカンの夕暮れ
D8C_0855-1732.jpg
そして8時
D8C_0872-1747.jpg

D8C_0899-2000.jpg

D8C_0902-2000.jpg

D8C_0903.jpg
初めてなのでどんな感じか分からなかったが湖面に映る花火も無視できないのでアングルを変更
D8C_0906.jpg
とはいえ上が切れると元も子もないので下は切れ気味
D8C_0942.jpg

D8C_0951-2010.jpg
あっという間に終了
初めてなので失敗もありましたが勉強になりました
1/13 忍野と農村公園
山中湖から河口湖に行く途中に忍野に寄る
忍野と言ってもいつものところでなく雪が降った時の下見
D8C_0811.jpg
久しく行っていなかったので多少迷ったが景色が変わっていなくなにより
D8C_0813.jpg
そのあとはいつもの農村公園に
D8C_0815.jpg
田んぼが凍っていて残念
D8C_0822.jpg

D8C_0825.jpg
田んぼの水位が変わるたびに凍って庇に
D8C_0835.jpg
横から
庇が崩れず残っていたのにはビックリ
D8C_0837.jpg
歩いていると一か所だけ逆さに
D8C_0826.jpg
やっと見つけた逆さ富士は風もなく見事でした
1/13 山中湖の朝
正月を挟んで一か月半ぶりの富士遠征
1時過ぎにパノラマ台に到着
富士山は見えず
D8C_0684-0149.jpg
仮眠し6時前に起床
バッチリ
D8C_0690-0557.jpg
細い月も
D8C_0693.jpg
湖畔に下りてみると凍っていて逆さもボケボケ
D8C_0700.jpg
6:52
富士に日が差し始めた
日の出が6:48だから4分後になる
D8C_0725-0652.jpg
少し紅
D8C_0739-0655.jpg
露光を変えるとバッチリ紅
D8C_0744.jpg

D8C_0752-0659.jpg
逆さをさがして散策
D8C_0772.jpg

D8C_0775.jpg

D8C_0784.jpg

D8C_0796.jpg

D8C_0806.jpg
好天で遠征が楽しみ
1/7 野比海岸おんべ焼き
久しぶりに野比海岸のおんべ焼きを見に行く
まずは志も地区
6:20に着くと暗い中で一杯の人
D8C_0157.jpg
セレモニー 記念撮影の後
D8C_0166.jpg
点火
D8C_0173.jpg
7年ぶりだが7年前にもK代議士が来ていたがずっと来ていたとするとスゴイ
D8C_0198.jpg
7年前はかろうじて砂浜でできたがその時にやばいと思っていたが今回は階段の上にパイプで土台を作っていた
年々少なくなる野比海岸の砂浜を象徴している
D8C_0211.jpg
その分燃えやすいかも
D8C_0214.jpg
そのあとは中村地区に移動
D8C_0368.jpg
志も地区より25分くらい遅くスタート
D8C_0373-0646.jpg
日の出と同時くらいのはずが
D8C_0392.jpg
雲のため朝焼けと同時
D8C_0404.jpg
少し遅れて太陽
D8C_0466.jpg

D8C_0482s.jpg

D8C_0606.jpg
残り火でおもち焼き
D8C_0671.jpg
接待の甘酒と太陽とおんべ焼きの炎でポッカポカ
1/1 初日の出
寒いけれど天気が良いので三浦海岸で初日の出を迎えることにする
駐車場は東京や横浜から来て夜明けを待っていた人たちで一杯
今年も房総の富山の山と山の間からの日の出を狙うがそこだけに厚い雲
D8D_0001-0651.jpg
左の峰当たりからの日の出
D8D_0018-0655.jpg
雲の影に富山が隠れて期待どおりにならず
D8D_0101.jpg
気分を切り替えてクッキリ初日の出
D8D_0137.jpg
波も穏やか
D8D_0152.jpg

D8D_0154.jpg
焚火と炊き出しを楽しむ人たち
D8C_0139.jpg
帰りは高円坊経由
D8C_0148-0714.jpg
富士山がかろうじて見える程度だが
D8C_0151-0717.jpg
見えるだけでもよし
2018年元旦
明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします
     平成30年元旦
D7C_3704.jpg