プロフィール

Author:ワカ
生息地:横須賀
行動パターン:天気が良く、暖かい日にタンデムで出没することが多い 暑さ寒さに弱い
~~~~~~~~~~~~~
画像をクリックすると拡大して見ることができます

QRコード

QR

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

きまぐれ日記
8/3 御殿場ルート
下界は暑いので少しでも涼しい所ということでマイカー規制のない御殿場登山口に
前回は頂上も宝永山も見えなかったが今回はバッチリ
D2C_0786-0719.jpg
折角なので御殿場ルートで宝永山を目指す
D2C_0797-0746.jpg
ダラダラ道で下から冷たい風が吹くのだがジワジワと体力を消費
D2C_0804-0757.jpg
追い越していった二人が段々小さくなる
D2C_0806-0800.jpg
大砂走りを正面に見るところ
D2C_0827-0901.jpg
やっと双子山と同じ高さに到達
D2C_0828-0901.jpg
2時間経ってやっとたどり着いた次郎坊
D2C_0833-0912.jpg
これから本格的なジグザグ道
フウフウいっている脇を走って登る駅伝の練習する選手
D2C_0840.jpg
双子山にかかる入道雲も目の高さ
D2C_0863.jpg
大砂走りを下る駅伝選手
D2C_0878.jpg
なかなかたどりつけなかった新六合目小屋まであと一息
D2C_0891.jpg
午前中に楽々着けると思っていたのに1時前にやっとたどり着く
D2C_0900-1249.jpg
長休憩のあと大砂走りを横切って馬の背に
前回は雲で頂上が見えなかったが今回はバッチリ
D2C_0917-1411.jpg
風が強く飛ばされそうになる宝永山の稜線
D2C_0932.jpg
14:23
念願叶い宝永山から富士の頂上を望むことができました
D2C_0934-1423.jpg
恒例のパンパンになったポテトチップス
D2C_0941.jpg
下山は大砂走り
最初は面白がっていたが砂に足が埋もれたり靴に石が入ったりで見ているほど楽ではない
D2C_0948.jpg
16:28
やっとたどり着いた大石茶屋
ヘトヘト
D2C_0952-1628.jpg
靴下の中は細かい砂で膨らんでいる
足だけでなく全身砂埃で真っ黒
富士宮ルートより1000メートルも低いところからの出発なので予想以上に大変なコースでした
この記事に対するコメント
お疲れ様です。
おはようございます。
御殿場口登山道、五合目駐車場から 宝永山ルートでの登山
道中が長くお疲れ様でした。
【2012/08/16 08:12】 URL | 御厨 聖 #Ufdgp4Ec [ 編集]

御厨 聖さんへ
唯一マイカー規制のない御殿場五合目駐車場から登ってみました。
このルートは元気な若者向けか下り用のルートかと思います。
富士の頂上の見える宝永山と大砂走りを経験したく頑張ってみましたが本当に疲れました。
【2012/08/16 09:52】 URL | ワカ #gIYQI5Sw [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wakak.blog26.fc2.com/tb.php/1782-1e5ec157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)