プロフィール

Author:ワカ
生息地:横須賀
行動パターン:天気が良く、暖かい日にタンデムで出没することが多い 暑さ寒さに弱い
~~~~~~~~~~~~~
画像をクリックすると拡大して見ることができます

QRコード

QR

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

きまぐれ日記
4/19 ダイヤモンド富士(長井県営住宅前)
長井漁港の右側防波堤の根元がダイヤモンド富士の狙ったポイント
でも着いてみると風が強くしぶきが飛んできてレンズがやばい
D7C_3161-1722.jpg
少し右側だが風もなくしぶきも飛んで来ない場所で待機
偶然撮れたw
もう一度と思ったが風が強く残念
D7D_3208-1745.jpg

D7C_3162-1756.jpg
18:02
ダイヤモンド富士に
D7C_3184-1802.jpg
光芒もついた
D7D_3300-1802.jpg
沈む寸前にもピカー !!
D7D_3345.jpg
ブルーモーメント待ち
D7C_3215.jpg

D7C_3219.jpg
昨日に続いてのダイヤモンド富士ゲット
4/18 ダイヤモンド富士(高円坊)
昨夜来の強い風を伴う雨も朝に上がったが夕方になってrもなかなか雲が取れず
どうしようかと思ったが西の下の方に隙間が見えたので高円坊に出かける
予想以上に雲の下から富士山が見える
D7C_2854.jpg
その雲が下がらなければと心配しながら待機
D7C_2847.jpg

D7C_2874.jpg
ぼやぼや太陽も雲を抜けるとクッキリ太陽になる
D7D_3004.jpg

D7C_2877.jpg

D7C_2898.jpg
ドッキング
D7C_2917.jpg
そしてパラボラアンテナ越しのダイヤモンド富士になる
D7C_2938.jpg

D7D_3119.jpg
キャッツアイにはならず惜しかった
D7D_3199.jpg

D7D_3207.jpg
夕焼けになりそうになったので眺望の開けたところに移動
D7C_3016.jpg
邪魔だった雲が色づき見事な夕焼け
D7C_3027.jpg

D7C_3034.jpg
周りには誰もいなく一人占めのダイヤモンド富士と夕焼けをゲット
4/15 ダイヤモンド富士(芦名漁港)
3日連続はないだろうけれど太陽がバリバリに元気だったので芦名の漁港へ
D7D_2636.jpg
稜線は見えてきたが頂上に湧いた雲で期待半分に
D7D_2660-1752.jpg

D7C_2701-1753.jpg
時間になると頂上の雲もなくなってダイヤモンド富士出現
D7D_2705-1758.jpg

D7C_2786-1759.jpg

D7D_2760-1758.jpg

D7D_2769-1758.jpg

D7C_2786-1759.jpg
そしてキャッツアイを待つが
D7D_2865-1800.jpg
頂上に湧き始めた雲で微妙
D7D_2889-1800.jpg
三日連続のしかも今までに一番裾野がクッキリしたダイヤモンド富士になって万々歳
4/14 ダイヤモンド富士(秋谷海岸)
今日の立石は大混雑
太陽はギラギラだが富士は見えず
D7C_2626.jpg
混雑を避けて秋谷海岸にある小さな神社の前で待機
何故か地元の追っかけ隊の皆さんは神社前に集合
段々シルエットで浮かんできた」
D7C_2639-1757.jpg
丸い太陽がドッキング
D7D_2499-1757.jpg

D7C_2644-1757.jpg
丁度ど真ん中
D7D_2534-1758.jpg

D7D_2539-1758.jpg

D7C_2656-1758.jpg

D7C_2668-1758.jpg
そして二日連続のキャッツアイ
D7D_2618-1759.jpg
裾野のシルエットが薄く物足りなかったが何とかダイヤモンド富士になって
よかったよかった
4/13 ダイヤモンド富士(久留和)
4/5から始まった三浦半島のダイヤモンド富士だが雨や曇りで全く希望なし
久しぶりの晴れに誘われて久留和の魚港に行くと馴染みの方々と久しぶりのご対面

そして見えなかった富士山もシルエットとして浮かび上がってきた
D7C_2471-1756.jpg
ドッキングに気づかないまま
D7C_2492-1756.jpg
17:57
待望のダイヤモンド富士
D7C_2513-1757.jpg
去年の秋は散々だっただけに見事なダイヤモンド富士に歓声
D7D_2262.jpg

D7C_2540-1757.jpg
そしてキャッツアイも
D7D_2448.jpg
夕焼けにはならなかったが余韻を楽しみました
D7C_2622.jpg