プロフィール

Author:ワカ
生息地:横須賀
行動パターン:天気が良く、暖かい日にタンデムで出没することが多い 暑さ寒さに弱い
~~~~~~~~~~~~~
画像をクリックすると拡大して見ることができます

QRコード

QR

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

きまぐれ日記
7/19 鎌倉花火大会
花火大会を見に行く途中の立石
丁度日が沈むところでした
D7C_7772.jpg

D7C_7775.jpg
一時は中止になったが開催母体を変更し無事開くことができた鎌倉花火大会
有難く見させて戴きました
場所は少し離れて人がほとんどいない森戸神社脇から
D7C_7804.jpg
夕焼けにうっすら富士が浮かび上がっていました
D7C_7808.jpg

D7C_7827.jpg

D7C_7831.jpg

D7C_7845.jpg
今年の新作?
綺麗でした
D7C_7883.jpg

D7C_7949.jpg

D7C_7958.jpg
水中花火とのコラボが少ないのは残念
D7C_7976.jpg

D7C_7990.jpg

D7C_7992.jpg

D7C_7996.jpg

D7C_8009.jpg
静かになった海
D7C_8025.jpg

D7C_8027.jpg

19:20-20:10
約2,500発
7/15 花火(久里浜ペルー祭花火大会)
久里浜ペルー花火大会は今年も手抜きで森崎から
遠く迫力がないけれど道路脇から撮れ一寸した穴場
D7C_7598.jpg

D7C_7600.jpg

D7C_7602.jpg

D7C_7606.jpg

D7C_7607.jpg

D7C_7608.jpg

D7C_7624.jpg

D7C_7723.jpg

D7C_7750.jpg

D7C_7754.jpg

D7C_7758.jpg

D7C_7766.jpg

19:30-20:10
約3,500発
7/10 再びパノラマ台の朝
昨日の日曜の朝のパノラマ台は大混雑していたが今朝はガラガラ
今日は頂上ではなく宝永山のパール赤富士を撮りたいと待機
D7C_7359-0354.jpg
4:30
少し雲が焼け始め
D7C_7436-0430.jpg
4:35
日の出時間なのに頂上に日が差す気配なし
D7C_7478-0435.jpg
4:40
富士に日が差し始めても赤富士にならず
月はどんどん薄くなって
D7C_7504-0440.jpg
宝永山に近づいたころはモヤでほとんど見えなくなった
D7C_7531-0445.jpg
2日粘ってみたが根気がなく撤収
7/9 明見湖
パノラマ台で朝焼けを期待したがダメだったのでもう一度明日チャレンジすることに
一日時間があったのでまずは農村公園に行って朝食
農村公園の手前の貯水池が空に 中島と思っていたところもよく分かった
でも田んぼではまだ水が必要なときにどうしたことでしょう
D7C_7188.jpg
農村公園は今は見るものもなく現地の散歩中のおばちゃんと世間話
D7C_7192-0558.jpg
最近行っていなかったが明見湖のハスの様子を見に行く
行ってビックリ
何もない
D7C_7197-0645.jpg
まだ早いと思っていたが枯れて全滅とはビックリ
管理の方に聞くと原因は分からないが去年は良すぎたのが影響したのかも
D7C_7198.jpg
今年は多分ダメでしょう
D7C_7226.jpg
明見湖の隣の沼が唯一残っていたのが救い
でもアシがはびこっているのが心配
D7C_7213.jpg
湖の周りのアジサイの中を散策していると
D7C_7215.jpg
道路の真ん中で何か
D7C_7219.jpg
ザリガニが威嚇
邪魔物のようです
D7C_7224.jpg
雲って富士山が見えていなかったので市営の風呂施設で夕方までノンビリ過ごす
夕方は忍野の内野へ
節刀ヶ岳に沈む夕日
D7C_7240節刀ヶ岳-1843
昼間見えなかった富士が見えていい感じの雲でしたが焼けず
D7C_7247-1852.jpg
まん丸お月さん明日も頑張って!!
D7C_7324-1951.jpg
夏休みに入ったので人文字を期待したが少し早かったようです
D7C_7334-1953.jpg
宿題が増えました
7/9 パノラマ台の朝
富士ヶ嶺からパノラマ台に向かう途中の長池親水公園からの富士
小屋の明かりだけでは寂しい
D7C_7029-2123
3:38
昨夕着いた時はガラガラだったが日が変わるころはパノラマ台の駐車場も満車
D7C_7036-0338.jpg
うるさく寝てられないので撮影に取り掛かる
D7C_7048-0346.jpg
少しモヤ
D7C_7083-0356.jpg
昨夕剣ヶ峰に上った月が宝永山に沈む
D7C_7113.jpg
朝焼けを期待したが
D7C_7160-0434.jpg
いつの間にか始まって終了
D7C_7177-0444.jpg
スッキリした天気にはならなかったが富士が見えていただけで満足
7/8 パール富士(天徳宮前)
今日は日没後のパールなので普段なら帰るところだが13分後ということで夕焼けと一緒になる可能性
もあって一番離れた天徳宮前で待機
モヤモヤで夕焼けどころかパールさえ危うい感じ
DSC_8575-1840.jpg
土曜日ということで混むかと思ったが周りに2-3人
19:19上がってきた
D7D_5993-1919.jpg
赤い月
そしてうさちゃんも見える
D7D_6011-1920.jpg

D7D_6044-1920.jpg

D7D_6064-1921.jpg

D7C_6980.jpg
19:22
計画より少し左から上ったが今回は右に松林があって撮る場所がなく限度
D7D_6088-1922.jpg

D7D_6103-1922.jpg

D7C_6989-1922.jpg

D7D_6130-1922.jpg

D7D_6145-1923.jpg

三日目にしてやっと撮れたパール富士
14.0の月
19:22(日の入り19:09の13分後)
7/8 ダイヤモンド富士(ワンダーミュージアム跡の北)
昨夜は田貫湖のバンガローサイドにいたが夜中にドアをバタンバタン
それに懲りてテントサイトに移動
土曜ということで混雑を気にしたが静か
ウッドデッキで撮影開始したがすぐに波で逆さが消滅
D7C_6760.jpg
場所を移動
朝焼けは少し
D7C_6765.jpg
ダイヤのために昨日と同じところに
D7C_6809-0551.jpg
出始め
右から出てきた
D7C_6812-0552.jpg

D7C_6823-0552.jpg

D7C_6838-0552.jpg
7枚絞りのレンズ
D7D_5894-0502.jpg

D7D_5896.jpg

D7D_5898.jpg

D7D_5906.jpg

D7D_5921.jpg

D7D_5933.jpg
8枚絞りレンズ広角
DSC_8564-0552.jpg

DSC_8570-0553.jpg
もっと左側で撮影したかったが森に邪魔されて行けず
ティアラを狙う天気条件は良かっただけに残念
7/7 富士ヶ嶺公園東
富士ヶ嶺公園西の牧草地
バリバリと草を食べる音が結構派手
D7D_5799-1749.jpg
おーい帰る時間だぞ!
ロープを杭から外すが
D7D_5801-1749.jpg
素直なのは一匹だけ
他の牛は様子見で食べるのに夢中
D7D_5805-1750.jpg
一匹のロープが外れて隣の牧場へ
D7D_5811.jpg
迎えに行っているともう一匹も迎えにに
D7D_5814.jpg
一緒に連行
D7D_5819-1800.jpg
やっと皆んな帰る気になったようです
D7D_5820.jpg
パールを待っていると色々なことがあるようです
富士山が見え始め少し期待
D7D_5824-1822.jpg
18:35
パールの時間
全く見えず
D7D_5844-1835.jpg
18:49
少し焼けた
D7D_5868-1849.jpg
18:59
やっと出てきたが大分離れてしまった
D7C_6746-1859.jpg
その月も押し寄せる黒い雲に消滅
D7C_6757-1902.jpg
二日連続の撃沈
7/7 猪之頭
避暑を兼ねて猪之頭へ
朝まだ涼しいうちに整地された田んぼへ
折角整地されたのに畑に変わっていたり使われなくなった田んぼが多くなった
D7C_6669.jpg
陣場の滝に向かう
霧が立ち込め情緒的
D7C_6682.jpg
相変わらずメインの滝は流れていない
D7C_6685.jpg
岩盤の境目から流れる湧き水は順調
D7C_6694.jpg
水に足を入れるとジーンときて我慢できない
D7C_6696.jpg
滝の入り口の草むらでは小さい蛙が何故か沢山葉の上まで上ってきて休憩?
D7C_6700.jpg

D7C_6702.jpg
テントウムシの幼虫
D7C_6707.jpg
テントウムシの成虫になったばかり
D7C_6710.jpg
草むらをじっくり見ていると色々な発見がありました

陣場の滝は平日でも色々なグループが昼食休憩で混雑していました

7/7 ダイヤモンド富士(ワンダーランド跡北)
ワンダーミュージアム脇に着いた時は富士山が見えず
田貫湖で見た右の雲が見事に覆っていた
でも待っていると段々明るくなって富士が見えてきた
そしてこれから上がろうとしている太陽で影富士も
手前にまだ雲が残っているようだ
D7C_6603-0534.jpg
ダイヤモンド富士が期待できそうなので前回より北のダイヤポイントに向かう
いつもなら頂上近くが明るくなって出てくるのだが突然のお出まし
D7C_6622-0551.jpg
残念ながらもう少し右で待機した方がよかったみたい
D7C_6623.jpg

D7C_6628.jpg

D7D_5766.jpg

D7D_5769.jpg

D7D_5770.jpg

D7D_5775.jpg

D7D_5778.jpg

D7D_5781.jpg

DSC_8556.jpg
最初は霧か雲で富士山が見えなかっただけに撮れただけでも満足